「肥満大国!アメリカ!!」っていう言葉は耳にしたことがある人は多いと思います。

アメリカの成人肥満率はなんと31.8%!
アメリカ人の3人に1人は肥満!

そりゃ、肥満大国なんてネーミングされますね。

ちなみに、世界各国の平均肥満率18.9%で、日本の肥満率は4.5%とビックリするほど優秀なんです。

日本食がアメリカでフューチャーされるのも納得できますね。

というよりも、日本人で肥満は超少数派…

4.5%の仲間に入るなんて絶対に避けたいですね。

いっそのことアメリカ人だったら、「no problem!全然太っていないじゃん!」ってなるので、体重や体系を気にせず生きれるので居心地は良いのかも。

…っと、そんな現実逃避をしても痩せたりなんてしないので、さっそく今回のテーマ「アメリカで流行している8つのダイエット方法」を紹介して、皆さんのダイエット心に火を付けたいと思います。

肥満大国アメリカってだけあって、ダイエットの技術は世界一です。

最新の医学・科学を取り入れて、効率的に痩せるダイエット法がたくさん開発されているんですよ。

特に、アメリカでは「健康的に痩せる」というのが最も重要視されているので、健康的かつ効率的にダイエットを初めてい人はぜひ参考にしてください。

でも、日本人に合う合わないといったダイエット法もあるので、その辺を私が調査しながら補足して紹介しています。

1.オーバーナイト・ダイエット

2013年ころからアメリカで流行しているダイエット方法。

睡眠と食事メニューが痩せるポイントになっていて、健康的かつ効率的にダイエットができると今でもアメリカ人御用達のダイエット方法です。

アメリカのお医者さんが考案したダイエット方法で、普段の食生活から筋肉量を落とさせないことで、痩せやすい身体を維持するところがポイントです。

オーバーナイト・ダイエットのルール

  1. 毎日8時間の睡眠を取る。
  2. 週に1日だけグリーンスムージに置き換え。
  3. 高タンパク、低炭水化物の食事を心がける。

睡眠中に痩せれるほどカロリー消費が高まって言うのはダイエッターにとって嬉しいですよね。

あと、もう一つ。

この食生活でインスリンの量を軽減できるので、体脂肪がつきにくくもなります。

さすが、お医者さん考案のダイエット法。

オーバーナイト・ダイエットは睡眠もとても重要の役割をしています。

睡眠時間からくる寝不足感を減らすことで、精神状況を安定させて無理なくダイエットを長く続けられるようになるんです。

人間が寝不足感(眠気)を感じるのは、8時間がボーダーラインになっていて、長生きする睡眠時間という研究報告もあるんですよ。

睡眠時間と睡眠不足感(眠気)の研究報告

週に1日グリーンスムージに置き換えるのは腸内環境を整えるため。

1週間に1回ほとんど食べない日も入れているので、短期的なダイエット効果も高いんですよ。

モエの採点評価

ダイエット効果 70点
日本人にもぴったり度 95点
ダイエットの簡単&楽度 80点
短期的な効果 70点
健康度合い 80点
減量目安(1週間) -1~3kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

慣れるまではちょっと苦労しそうですが、そこまで無理なダイエット法ではないので全然継続できます。

短期でも効果あるので、日本人でもピッタリ合うと思います。

というよりも、全世界共通で行えるダイエットですね。

2.ダッシュ・ダイエット(DASHダイエット)

アメリカの国立心配血液研究所という医療機関が高血圧予防や治療の為に推奨している食事療法。

健康的なのはもちろんですが、ダイエット効果もあることでアメリカで人気なんです。

ダッシュ・ダイエッは「diet、Dietary Approaches to Stop Hypertension」の略でその頭文字をとってDASHダイエットと呼ばれています。

走るダッシュとは全く関係ないので、運動嫌いの人は安心してください。

ダッシュ・ダイエットトのルール

  1. 塩分と脂質の摂取量を増やす。
  2. カリウム、タンパク質、マグネシウム、カリウム、食物繊維の摂取量を増やす。

ダッシュダイエットには通常版と減塩版の2つがあります。

  • 通常版は1日5.8gの食塩制限
  • 減塩版は1日3.8gの食塩制限

減塩版は医療現場で高血圧が強く指摘されている場合のパターンなので、ダッシュダイエットだと通常版で問題ありません。

「ダッシュダイエットは2周間以上で血圧低下の効果が現れる」と、国立心配血液研究所から報告されているほどで、健康的なダイエット方法なのは間違いありません。

食塩の摂取に制限がかかるので、自ずと加工食品やインスタント食品などが制限されます。

これが自然とダイエット向きの食生活になるので、体重が減っていくんです。

アメリカの医療機関が採用しているバランスの取れた食事ダイエット方法なので、食生活が乱れている人にとてもオススメできます。

安心して取り組める点も人気の理由です。

モエの採点評価

ダイエット効果 50点
日本人にもぴったり度 85点
ダイエットの簡単&楽度 80点
短期的な効果 30点
健康度合い 90点
減量目安(1週間) -1~1.5kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

短期的なダイエットは難しいですが、健康を意識した食生活が身につくので将来的にも価値が大きいですね。

ルールも簡単だし、健康管理とダイエットを同時進行したい人はぜひ試してみてください。

やって損はないダイエット方法ですよ!

3.メイヨークリニック・ダイエット

「アメリカで最も優れた病院」と評価されるメイヨークリニックが考案したダイエット方法です。

アメリカで短期的にダイエット効果が表れやすいことから、別名で「クイック減量ダイエット」と呼ばれるほどです。

メイヨークリニックが作った!ってことで、アメリカでは「絶対に痩せられる」と称賛されていて、今回紹介する8つのなかで1番信頼度が高いダイエット方法です。

メイヨークリニック・ダイエットのルール

・1日3食をメイヨークリニックが決めた食事メニューにする。

・この食事メニューを2週間続ける。

メイヨークリニック・ダイエットの具体的な食事メニューは、出版されている「メイヨークリニック・ダイエットのガイドブック」に記載されています。

と言っても、全て英語なので、私には不可能。(笑)

メイヨークリニック・ダイエットの公式サイトもあって、そこから無料メール登録で情報を受け取れますが、これも英語になっているので私にはサッパリ。

公式のFacebookページもあるので、英文読める人はかなりタメになると思いますよ。

私は英文が読めないのでサッパリわかりませんが、英語ペラペラな人はアメリカでかなり支持しているダイエット法なのでぜひ試してみたください。

(今年は英語勉強しようかな・・・)

昔、流行した国立病院ダイエットととても似ているダイエット方法ですが、メイヨークリニックの方は細かなルールがあるので、キチンとルールを守って始めたいって言う人は、会員になって指導のもとで行いましょうね。

モエの採点評価

ダイエット効果 90点
日本人にもぴったり度 40点
ダイエットの簡単&楽度 95点
短期的な効果 60点
健康度合い 90点
減量目安(1週間) -3~5kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

私みたいに英文を読めない日本人にはちょっとキツいダイエット方法ですね。

日本語訳のガイドブックがあれば問題ないんですが、どこのサイトを探しても見つかりませんでした。

医療機関考案の健康的かつ短期の破壊力があるダイエット方法なので、私もぜひ試してみたいです。

だれか英文訳してくださいm(_ _)m

4.ビズスト・ルーザー・ダイエット

アメリカのテレビ番組から人気に火がついたダイエット。

指定された食事メニュー、運動、トレーニングをやってある期間で「誰が1番安全に痩せれるか?」を競う番組です。

1番安全に痩せれた人は約2000万円の賞金っていう日本では考えられないリッチな番組ですね。(さすが、アメリカ・・・)

この番組がかなり視聴率が高くて、人気になって、番組内で行われたダイエット方法がアメリカで流行したんです。

日本でも2014年の夏だったかな??

深夜に1ヶ月の特番企画みたいな感じで、「ダイエット・ヴィレッジ~全員で100kg痩せろ~」という似た番組が放送されていました。

けっこー視聴率高かったみたいですよ。

おそらく、これはアメリカで流行った番組だから、日本がフォーマットをパクって少し変えて放送した企画だと思います。

2015年の年末あたりでも第二弾が放送されていたような・・・?

まぁ、トレース命の他力本願な日本のテレビ局の悪口はさておき、、、メイヨークリニック・ダイエットのルールを紹介します。

ビズスト・ルーザー・ダイエットのルール

指定のダイエット食品を食べる。

指定された食事メニューにする。

指定の運動やトレーニングをする。

番組内で指定された食品、食事メニュー、運動法、トレーニング法を行うんですが、これが賛否両論あるみたいです。

「指定の食品」ってことで、スポンサーとテレビ局の関係にお金の匂いがプンプン。

痩せた実績は証明されているけど、悪徳商法な感じがして、ビズスト・ルーザー・ダイエットにはアンチも多いみたいです。

でも、ダイエット効果はかなり評価されていて、U.S.News&World Reportという雑誌で2015年のベストダイエットになっているほど支持されています。

まぁ、これも少しお金の香りはしますけどね。

モエの採点評価

ダイエット効果 90点
日本人にもぴったり度 10点
ダイエットの簡単&楽度 20点
短期的な効果 95点
健康度合い 90点
減量目安(1週間) -3~5kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

食品がアメリカの物で指定されてあるので、日本人にはかなり難しいですよね。

アメリカに友達がいて、送ってくれるみたいな状況なら、実績もあるので試してみる価値はありそうですね。

5.バターコーヒー・ダイエット

その名の通り、コーヒーにバターを入れて飲むダイエット。

置き換えダイエットなので、朝食をバターコーヒーに置き換えるダイエット方法です。

アメリカのIT起業家が自ら考案したバターコーヒーダイエットで-50kgのダイエットに成功し、IQも高まったということで有名になったダイエット方法です。

その流れでアメリカのセレブ達の間で流行しているみたい。

バターコーヒー・ダイエットのルール

  1. コーヒーに無塩バターを入れてバターコーヒを作る。
  2. 朝食をバターコーヒーに置き換える。

今回紹介する中で1番簡単なダイエット方法なのがこのバターコーヒーダイエット。

レシピも方法も簡単なので気軽に始められます。

バターコーヒーは腹持ちが良くて、朝食と置き換えても空腹感が少ないのがダイエットのポイントになります。

そもそも、バターコーヒーダイエットの考え方は一般的な考え方とは真反対なんです。

  • 一般的なダイエット:高タンパク質・低脂肪
  • バターコーヒーダイエット:低タンパク質・高脂肪

まさしく逆。

だから、健康的に痩せるという部分では、医療関係者や専門家などからはオススメされていません。

また、バターコーヒーにダイエット効果はないという専門家がほとんどだそうです。

「朝食を飲み物に置き換えるからダイエット効果があるだけで、それならバターコーヒーより優れた食品はたくさある。」っていうのが専門家の言い分。

でも、アメリカでかなり流行っています。
おそらく、その理由は「美味しいから!」

これってもはや美味しいものを食べたいが為にダイエットを理由付けした感じですよね?

バターコーヒーは美味しいから続けられるというメリットもありますが、乳脂肪分の過剰摂取になるので栄養バランスはかなり偏ります。

また、中鎖脂肪酸も摂り過ぎることになるので、血管の健康被害に大きく関わる可能性もあるんです。

「簡単で!楽で!美味しい!」けど、健康被害がある危険なダイエットだと思ってた方がいいですよ。

アメリカ人ならではの発想なのかもしれませんね。

モエの採点評価

ダイエット効果 30点
日本人にもぴったり度 30点
ダイエットの簡単&楽度 95点
短期的な効果 20点
健康度合い 10点
減量目安(1週間) -0.5~1kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

バターコーヒーってチベットの有名な「バターティー(バター茶)」とよく似ています。

世界的にも有名な飲み物なので、知っている人も多いと思いますが、じつは世界短命食としても有名なんです。

「病みつきになる味」をダイエットに置き換えるのも危険なのかもしれませんね。

6.アルカリ性ダイエット

2013年にビクトリア・ベッカムが始めたダイエット方法として、セレブの間で爆発的に人気になったダイエット。

アルカリ性ダイエットは、食生活の質をアルカリ性に変えることで、病気になりにくい体質につながり、結果的にダイエット効果が得られるという仕組みです。

根本的な食生活を変えるダイエット方法なので、割りと覚悟が必要になります。

1週間・2週間だけやってもほとんど意味が無いので、やるならガッツリ食生活を変える覚悟が必要になると思ってください。

アルカリ性ダイエットのルール

  1. アルカリ性の食べ物を中心とした食生活に変える

アルカリ性ダイエットのルールはこれだけ。

とっても簡単に思えますが、食べ物をアルカリ性の食べ物を中心にするということは酸性の食べ物を食べないようにしないといけません。

アルカリ性の食べ物
野菜、果物、海藻、きのこ、大豆など
・酸性の食べ物
肉、魚介類、卵、砂糖、小麦、米など。

ちなみに、紅茶やコーヒー、アルコールもNGです。

かなり勇気がいる食生活のシフトだと思いませんか?

確かに健康的なメリットもあって、アルカリ性の食生活は尿管結石や腎臓結石などの病気を予防する効果もあるので、医療機関でも推奨されています。

一方で、「アルカリ性の食生活がダイエットと直接的な効果があるわけではない」っていう意見もあるんです。

だから、「ダイエットにプラスして”健康的にも~”」という生半可な理由なら継続も難しいのでやめておいたいいでしょう。

アルカリ性の食生活にすると、肉・魚・米などが食べれないので、これによる摂取カロリーの低下でダイエット効果が現れているんです。

簡単に言ってしまえば、ベジタリアン化によるダイエットなんです。

一般人が簡単に取り組めるダイエットとは言い難いですよね。

モエの採点評価

ダイエット効果 70点
日本人にもぴったり度 45点
ダイエットの簡単&楽度 35点
短期的な効果 60点
健康度合い 85点
減量目安(1週間) -1~2kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

とても健康的なダイエットですが、ガッツリ取り組まないとダイエットとしては厳しいと思います。

やるなら人生をかけた本気!くらいの勢いがないと難しいのかな~と私は思います。

7.カリフラワーライス・ダイエット

パレオ・ダイエット(旧石器時代ダイエット)の一種で、その名の通り、お米の代わりにカリフラワーを代用するダイエット方法です。

ちなみに、パレオ・ダイエットもアメリカ発信の人気ダイエット法ですね。

カリフラワーライス・ダイエットのルール

  1. ・お米(ご飯)をカリフラワーに置き換える

カリフラワーライスダイエットも、今回紹介した中でもっとも簡単な部類のダイエット方法。

普段、ご飯を食べるとこをカリフラワーに変えるだけですからね。

カリフラワーのカロリーは白米の1/6で、これだけでも摂取カロリーを減らせてダイエット効果を得られます。

ポイントなのはなぜカリフラワーなの?ってとこ。

白いブロッコリーでご飯と似ているから?

実際にそれもカリフラワーである理由の1つなんですが、それだけではありませんよ。

カリフラワーって見かけによらず栄養分は豊富に含まれています。

・ビタミンCやマグネシウムが豊富
疲労回復・解毒といった抗酸化作用のあります。
・ビタミンKが豊富
炎症を抑える働きがあるビタミンです。
・カリウムが豊富
塩分を排出する作用があります。
・スルフォラファンが含まれている
メタボ予防やピロリ菌の除去などの解毒作用がある。
・食物繊維が含まれている
胃腸の消化を助けるサポート役。

含まれている栄養素から見ても、カリフラワーはアメリカのダイエットで重要視している「健康的に痩せる」というポイントをしっかり抑えている食べ物なんです。

特に日本人はお米が主体の食文化です。

その主体の食品がカロリー1/6になるとダイエット効果はとても高いです。

だから、お米大好きな女子ほど効果的なダイエットだと思ってください。

1つだけ欠点を上げるとすれば、「日本だとカリフラワーはアメリカほど安く手に入らない」という点。

どんなスーパーでも絶対に置いてある食材ではないので、見つけるのも大変だし、値段もお米に代用できるほど安くないのが日本人向きではないのかもしれません。

モエの採点評価

ダイエット効果 85点
日本人にもぴったり度 65点
ダイエットの簡単&楽度 90点
短期的な効果 65点
健康度合い 90点
減量目安(1週間) -1~1.5kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

とっても健康的で効果的なダイエット方法ですが、カリフラワーのコスパを考えると少し迷ってしまいますね。

でも、置き換えダイエットとして1食だけカリフラワーライスにするようにすれば、経済的にも負担は軽くなると思います。

特に晩ごはんをカリフラワーライスにすると、睡眠前のカロリー摂取がいつもの1/6になるのでこれだけでもダイエット効果が大きいですね。

8時間ダイエット

アメリカでも絶賛されているダイエット方法の1つ。

今では日本でも人気になっていますね。

”食べる時間”が制限というだけで、食べるもの、食べる時間帯などは全部自由。

8時間ダイエットに関しては、前回の「正月太りの+2kgがなかなか落とせない!そんな女子は8時間ダイエットがオススメ!」で詳しく紹介しているので、気になる人は参考にしてください。

8時間ダイエットのルール

  1. 1日の食事を8時間以内に終わらせる

かなり簡単なダイエットで、守らないと行けないルールは1日のうちにで食べられる時間は8時間っていう部分だけ。

つまり、1日の間で16時間食べない時間を作るってことです。

食べない時間を長く取ることで、消化酵素が少なくなり、その分代謝酵素が高くなるので痩せやすい身体になり、ダイエット効果が得られるという仕組みです。

一見、食事制限のダイエットに思えますが、食べる物に制限はないので、食る物に対してのストレスは低いです。

でも、食事時間にタイムリミットがあるので、それだけは絶対に守らないといけません。

とにかく空腹というか胃が空の状態を長く作ることが大切なポイント。

食事のタイムリミットが過ぎたら、あとは水や無糖のお茶で我慢。

短期太りにも効果的なダイエットで、無理なく自分のライフスタイルに合わせてダイエットが進められるので、私も超おすすめしています。

また、食べない時間を長く作ることで、胃腸の機能が高まり、便秘にもとても良い健康的なダイエット方法です。

モエの採点評価

ダイエット効果 85点
日本人にもぴったり度 90点
ダイエットの簡単&楽度 85点
短期的な効果 80点
健康度合い 75点
減量目安(1週間) -1~2.5kg

※モエの独自目線で付けている採点です。

特に何かを揃える必要もなく、自分のタイミングで始めれる手軽さがあるので、誰でも簡単に始めることができます。

また、飲み会や食事会などのイベントがあっても、自分で調整できるのも好評価ですね。

まとめ

以上がアメリカで流行している8つダイエット方法です。

もう日本でも有名なダイエット方法もありましたが、アメリカだけでブームになっているダイエット法もあります。

今後、日本でも流行するのか?と言われれば、少し疑問ですが、肥満大国のアメリカで話題になるダイエット方法はチャンスがあるならぜひ取り入れてみたいですよね。

ダイエット方法は世の中にたくさんありますが、「健康的に痩せる!」というのは大切なポイントです。

新しいダイエットにチャレンジする際は「健康ダイエット」を忘れずにしておきましょう。