低カロリーで栄養価も高い果物。

ダイエット中の女性は、積極的に食べている人がいるんじゃないでしょうか?

ビタミン類も豊富で美肌の事を考えて食べている人も多いはず♪

そもそも「低カロリーで栄養価が高い」と言うことで、ダイエット食としても多く利用される果物ですが…
「果物=体を冷やしてしまう」事が引っかかる方も多いかな?

基本的に果物って体を冷やす効果があるみたいで、冷え性なんかに悩まされている女性にとっては結構天敵なんですよね。

肥満の原因には冷えも関係していますし…

そんなこともあって、ひょっとすれば果物を取り入れることに躊躇している女性もいるかもしれません。

とは言えすべての果物が体を冷やすわけではないです!

ざっくり分けると

  • 暖かい地域で採れる果物=冷える
  • 寒い地域で採れる果物=温まる

と言われていますね。

あぁ~なるほど♪となんとなく感心できるかもしれませんね。

なんだかこの話を聞いていると「暖かい地域で採れる果物=冷える」は悪者みたいに聞こえてしまいますが…
そうではありません。

体を冷やしてしまう果物の代表格に「バナナ」がありますが、バナナはダイエット効果が高い果物。
「バナナダイエット」などとしてもよく紹介されている果物ですよね。

つまり果物はダイエットに適している食べ物であることには代わりがありません!

ならばフルーツを温めてしまえばいいじゃないか!
そんな事で今注目されているのがホットフルーツって訳♪

肥満(太ること)の原因は冷えや血行不良も関係している

ホットフルーツのことに入る前に、少しだけ太る原因について話していきましょう。

肥満の原因として真っ先に頭に浮かぶことは…食べ過ぎですよね!
糖分・脂質の過剰摂取は余計な脂肪を増やしてしまいます。

また運動不足もすぐ思い浮かぶことでしょう。

食べ物からとったエネルギー【摂取エネルギー】と、生きるため、活動するために使ったエネルギー【消費エネルギー】の収支が合っていれば、人は太ることもやせることもありません。

しかし、その日食べた分を、生きるためのエネルギーや活動するエネルギーとして使いきれなかった場合は、獲物が獲れないかもしれない明日に備えて、余ったエネルギーを体脂肪としてためこむことになります。

引用:サントリーウエルネス/ダイエット情報館

これを見てもわかるように太る事とは

摂取エネルギー>消費エネルギーのような状況で起こりうるものだということですよね。

そんなことはわかっている?
まぁまぁ落ち着いてください♪(笑)

内臓機能の衰えは肥満を作る!

理屈は理解したけど、ちょっと待って!!

明らかに食べる量が多くて、運動もしていないのに太っていない人がいるけど…
それはどう説明するの!?

こう思う人もいるでしょうね。

ダイエットに興味がある人ならば聞いたことがあるはずの言葉「基礎代謝」。
その場合はこの基礎代謝が大きく関係しているんですよ。

基本的に私達の身体は何もしていなくてもエネルギーを消費してくれる「基礎代謝」が備わっています。

じっとしていても、寝ていても脂肪を燃焼してくれるものが「基礎代謝」と考えてください。

全然太らない人はこの基礎代謝がしっかりしていいるので、特に身体を動かしていなくても大きく太ることがないんですね。

そしてこの基礎代謝量の違いは、主に内臓機能の良し悪しや血行不良が原因。

栄養バランスの乱れた食生活や運動不足などから、血液の流れが滞ってしまう!
血液の流れが悪くなれば内蔵も正常に機能しなくなり、身体全体が冷えてしまいます。

そうなれば基礎代謝も悪化し、エネルギーを消費してくれる機能が弱まってしまうのです。

つまり、単純に考えても太る人とそうでない人の違いは…

【基礎代謝量の違い】が主。

これを改善するには食生活であったり日々の生活習慣を見直すこと。
そして内臓機能・血の巡りを高めることが大切だと考えれます。

フルーツを温めることでデトックス機能が高まる

お待たせしました!(笑)

ここからは、フルーツを温めることでどのようなメリットがあるの?
ということについてお話していきたいと思います。

太る原因についても読んでくれた人はよりわかりやすいかなと思いますが、

肥満や太る理由には内臓機能の低下や血行不良による基礎代謝量も関係しています。

栄養価が高く低カロリーの果物は、美容・ダイエットには欠かせない果物です。
で、す、が…体を冷やしてしまう果物をバクバクと食べることはどこかおっかない…。

腸内が冷えてしまうと内臓機能も弱ってしまいそうですし、冷え性の人にとっては悪化…なんてことも。
ましてや血行が悪いままだと悪循環になってしまうかも。。

ダイエットするには内臓機能の向上や血の巡りを良くすることは必須条件♪

そこでダイエット効果を増すためにフルーツを温める!
これが実に効果的なんです。

ホットフルーツにすることのメリット

  • 食べることで体内からじっくり温まる
  • 腸内が温まり活性化
  • デトックス効果の向上

これを見ればなんとなく共通点がわかるかな?

ホットフルーツのメリットは、腸内を温めて内蔵を活性化させる事が狙い。
もちろん栄養価が高い!低カロリー!であることも重要ですけどね。

腸の活動を活性化させデトックス機能を高めることで、体内の余計のものを排出してくれる。
結果的にダイエット効果にも期待できるのです♪

特にホットフルーツダイエットに適しているのが「バナナ」と「りんご」。

いつでも手頃に買えるバナナとりんご。
電子レンジで温めるだけでホットフルーツは簡単に食べることができますよ☆

ホットバナナ

バナナはダイエット食材としてもとってもよく使用されていますよね♪
朝・夜バナナダイエットやアンチエイジング効果も高いとされているフルーツ。

一時期はかなり流行したバナナは腸に嬉しい成分がたっぷりな果物♪
食物繊維・オリゴ糖など(腸に嬉しい成分)がたっぷりだから、ダイエット効果もあるし美容効果も高いんです!

そして温めることで更にパワーアップ♪

バナナホットメリット

ホットバナナの作り方
作り方はとっても簡単!
メモは不要♪猿でもできちゃいますよ♪(笑)
バナナの皮を剥いて適当な大きさにカット。
耐熱皿に並べ、電子レンジ(600W)で30秒~40秒加熱するだけでOK♪
フライパンでソテーしてもOK。
たったこれだけでダイエット効果を高めれます!

ホットりんご

健康にもとってもいいりんごは古くから栄養価の高い果物として重宝されているもの。

整腸作用・便秘改善・高血圧予防・脳梗塞・心筋梗塞予防・がん予防・アレルギー予防などその効果は計り知れません。
リンゴもまたバナナと同じように、食物繊維・オリゴ糖など(腸に嬉しい成分)がたっぷり♪

特にその成分の多くは皮の部分に含まれているのですよ☆

リンゴホット

ホットリンゴの作り方
こちらもまた超簡単♪
誰でもできるので安心してください!
リンゴは皮を剥かずに食べやすい大きさにカット。
耐熱皿に並べ、電子レンジ(600W)で約1分間温めます。
ハチミツやシナモンをかけると美容効果や保温効果が高まりますよ☆

ホットフルーツのまとめ

栄養価が高くダイエットや美容効果が高い果物はとても重要。
特にダイエッターには無くてはならないものです。

高い栄養価とは裏腹に身体を冷やしてしまう作用もあるのが果物…。
それを解消するために注目されているのがホットフルーツなのですね♪

中でも特に腸内環境に嬉しい成分がたっぷり含まれているバナナ・リンゴはお勧め♪

温めることで腸内環境は活性化するので、デトックス効果だけでなくたくさんの美容効果も期待できます☆

そして最終的には基礎代謝の向上にも繋がることでダイエットに期待できますね!

ポイントおさらい

  • 肥満は内臓機能の悪化・血行不良による基礎代謝量の低下も原因。
  • 果物はダイエット効果が高いが、体が冷えることはマイナス要素。
  • その為ホットフルーツにすることで腸内を温め働きを活性化させる。
  • 腸内が温まりデトックス効果・血流も向上し基礎代謝量が向上。
  • 結果的に美容効果・ダイエット効果(脂肪燃焼効果)が高まる。