みなさんも、「腹八分目」という言葉を聞いたことがあると思います。

その言葉の通り、お腹いっぱいの満腹の状態ではなく、満腹より少し手前(八分目ぐらい)のお腹の状態のことです。

実はこの腹八分目がダイエットにとても有効的な状態で、「腹八分目ダイエット」というダイエット法が開発されるほど。

手軽にできるダイエット法なだけに、「知っているだけでできちゃうダイエット」なので、ついつい食べ過ぎて太っちゃうダイエッターさんは参考にしてくださいね!

腹八分目ダイエットとは・・・

その名の通り、食事量を抑えるダイエット法です。

ダイエットをするには、少なからず食事制限は必要なんですよね。(※過度な食事制限はリバウンドしてしまいます。)

「痩せたいなら食事を減らせ!」ということ。

腹八分目ダイエットの方法は簡単で、「毎食の満腹度合いを腹八分目までに抑えよう!」というだけ。

注意することは、早食いしないこと。

満腹中枢が働くのが、食事をしてから15~30分経った後。早食いの人が満腹になったなと感じる頃には、すでに食べ過ぎている可能性があります。

よく一口に30回噛めばいいということを聞きますよね?

これは早食いをして食べ過ぎ防止の為なんですよ。

ゆっくり食べると、少ない量でも満足できるようになります。食事量を減らすことも腹八分目ダイエットには重要です!

満腹がダイエットにダメな4つの理由

お腹いっぱい食べると幸せですよね!

「食べることが生き甲斐!」なんて人もたくさんいるかと思います。私もできればお腹いっぱい、満足するまで食べたいものです。

「なぜ、お腹いっぱい食べるのはなぜダメなのか?」その答えは単純で、「食べ過ぎるとカロリーが多くなるから」なんですが、実は満腹がもたらす恐怖はコレだけじゃないんです。

  1. 消化に時間がかかってエネルギーを集中的に使う為、脂肪が燃焼されることなく、新たに摂取した栄養が取り込まれてしまう。
  2. 無駄なカロリーを摂取してしまう。
  3. 次の日も、また次の日も食べすぎてしまう。
  4. 消化器官に負担がかかるので、エネルギーの消費効率が低下してしまい、弱った体を守る為に身体は脂肪を溜め込もうとする。

このように、満腹の状態は太りやすい習慣を作ってしまうんです。

毎日お腹いっぱい食べてて痩せるなんて当然あり得えない話ですからね。

腹八分目サイン!自分の腹八分目を知る簡単な方法

「お腹いっぱい!」ということは誰でもわかりますが、「腹八分目!」といわれてもなかなかピンときませんよね。腹八分目の状態を知らないのに腹八分目で抑えようなんて難しい話です。

簡単に言えば、満足の手前!なんですが、コレを見極めるのが難しいところ。

そこで腹八分目のサインというものがあるみたいなので紹介しましょう。

食事をしていると、「あっ、お腹が満たされてきたな~」と感じる瞬間が必ずあります。

「はい!そこでストップです!」これこそが腹八分目の大事なサインです。「お腹満たされたけど、まだまだ食べれるよ~」という状態は行き過ぎです。

ほとんどの人が、この状態だとまだまだ胃が満たされていないし、満腹感もないなと思ってしまうので、そのまま食べ過ぎてしまいます。

満腹中枢が働くのが食事を始めてから約20分後なので、腹八分目のサインの時は、まだまだ満腹ではないかもしれません。

サインが現れた時は「まだまだ腹五分目くらいだと思うけど・・・」と思っても、5分後10分後には実はお腹がいっぱい(八分目)だと気付くんです。

この腹八分目のサインは、誰でも訪れるので、意識していると必ず気付きます。一度意識して食事をとってみましょう。

無理なく腹八分目で抑える3つのコツ

腹八分目に抑えたいけれど、腹六分目~七分目の空腹状態では辛いですよね?

だから、バッチリ腹八分目で食事を終えたいものです。

そこで、しっかり腹八分目を見極める為のコツを3つ紹介します!

1.よく噛んで食べる

とにかくよく噛んで食べましょう!

よく噛んで食べるのはダイエットの基本。というよりも、健康にとっても基本中の基本。

よく噛むことによって、満腹中枢が刺激され、少ない量でもお腹いっぱいになることができるんです。

一口20回ぐらい噛むのが理想です。

2.まず野菜から食べましょう

野菜を先に食べることによって、お腹が膨れ食べ過ぎを防ぐことができます。これもダイエットに良いと聞いたことがある人は多いかと思います。

野菜はカロリーは少ないのに腹八分目のサインまでたどり着ける食材なんです。

万が一、早食いをしてしまい満腹サインを見逃してもヘルシーなので、カロリー的な問題は少ないので安心できます。

3.ゆっくり食べる

食べ始めてから約20分後に満腹のサインが出ます。

逆にどれだけ食べていても、満腹のサインが出るまでは、いくら食べても満腹と感じません。

早食いをしてしまうと、満腹のサインが現れるまでに食べ過ぎてしまいます。

だから、ゆっくり食べて食べ過ぎを防止しましょう!


偉そうに語っていますが、腹八分目のコツは、ダイエットの基礎。誰でもちょっと考えればわかることです。

でも、痩せない人はこれが出来ていないパターンが多いんです。これらを守ると自然と食べる量も減ってくるので、身体に染み込ませておきましょう。

ダイエットだけじゃない!腹八分目は女子にとって良いこと尽くし!

腹八分目がダイエットに良いだけではありませんよ!

腹八分目に抑えることで女性にとって嬉しい美容や健康にも効果が期待できますよ。

腹八分目は「美容」にも良い

食事を満腹になるまで食べてしまうとそれらを消化する為に、胃腸などの消化器官に血液が集中してしまいます。

それによって、血流が悪くなってしまうので、老廃物が蓄積されたり代謝が低下してしまったりします。

肌荒れやシミ、シワ、たるみなどの老化現象が進行していきます。

逆に食事を腹八分目にすると、アンチエイジング効果があり若返ることができますよ。

腹八分目は「健康」にも良い

満腹になるまで食べると、カロリーを摂りすぎてしまいます。カロリーが多くなると、ガン・動脈硬化・糖尿病のリスクが上がります。

腹八分目にしてカロリーを抑制することで、生活習慣病の予防になるんですよ。

マウスを使った実験では、満腹に食べさせるよりも長生きできるという実験結果も出ています。

腹八分目ダイエットのダイエット効果と期間

「腹八分目ダイエットをどのぐらい続ければ痩せるのか?」ダイエッターにとって気になるポイントですね。

食事の内容にもよりますが、毎回満腹まで食べていた食事を8割まで減らせば、自然と食事量(カロリー)が減って体重も落ちます。

しかし、2~3日で1kgというような痩せ方はしません。

まずは二週間でマイナス1kg、そして、1ヶ月でマイナス2kg、3ヶ月でマイナス4kg…というように徐々に効果があらわれてきます。

極端な食事制限をするわけではないので、急激な体重減少や短期ダイエットの効果は期待できません。

腹八分目ダイエットは長い目で見ることが大事です!

腹八分目に抑えると、消化器官に負担がかからなくなります。これは体に脂肪を溜め込まないよう状態になります。つまり、痩せやすい状態というわけです。

食事のメニューを変えたり、大幅な食事制限をするわけではないので、続けやすく成功しやすいダイエットです。

しかし、すぐに効果がでないため、諦めてしまう人も多いかと思います。

腹八分目ダイエットだけを行うのではなく、他のダイエットとプラスして、健康の為に腹八分目を心がけるのもいいかもしれません。

腹八分目ダイエットのサポート食材3つ!

腹八分目ダイエットは、食事に関するダイエットなので「栄養バランス」を少し気をつけなければいけません。

そんな腹八分目ダイエットをサポートしてくれる王道食材を3つ紹介しましょう。

1.かつおだし

かつおだしは胃の運動を活発にし、腹持ちを良くする効果があります。

しかも、かつおだしにはリラックス効果もあります。

オススメの食べ方

朝食に、かつおだしを使った味噌汁やだし巻き卵などを一品食べましょう。

朝食にかつおだしを摂ると、リラックス効果でお腹も心も落ち着きますよ。

2.オリーブオイル

オリーブオイルには満腹ホルモンの「セロトニン」の分泌を高める効果があります。

オススメの食べ方

昼食時に、オリーブオイルを大さじ一杯。サラダにかけるとヘルシーになりますよ。

昼食時に摂ることで、間食も減りますよ。

3.バナナ

バナナは栄養豊富で、体の満足度が非常に高い食べ物です。

オススメの食べ方

夕食の30分ほど前に、約200mlほどの水分と一緒に摂りましょう。

食前に食べることで、食べ過ぎを防止できますよ。

簡単腹八分目ダイエットはこんな人にオススメ

ダイエットにある程度の食事制限は不可欠ですが、断食などの食事制限や、○○ダイエットといったその食材しか食べないダイエットなど食事制限にも色々あります。

  • 今まで、極端な食事をして続かなくリバウンドしてしまった人。
  • 極端な食事制限で我慢できず、逆に暴飲暴食してしまった人。
  • 辛い食事制限をしたくない人。

こんな人に、腹八分目ダイエットがオススメです!

腹八分目ダイエットは、速攻性はありませんが、長い目で見ると必ず痩せます。

食事をしていると、「お腹が満たされてきたな」という瞬間が必ずあります。初めのうちは「その瞬間を見逃さず、そこで食事をストップ!」これだけを心がけてください。

「満腹中枢が働くのが食事を始めてから約20分後。」この魔法の言葉を忘れずに、早食いせずに、ゆっくりよく噛んで食べると少量でも満足できるカラダを手に入れましょう。

いつもより多少は食事量を減らさなければなりませんが、そこまで辛い食事制限ではないので、誰でも始められるし続けやすいダイエットだと思います。

とりあえず、今日のご飯だけでも腹八分目意識してみてください。