ホットヨガとピラティスって何が違うの?

こんにちは!
最近食欲が止まらない花北モエです。

ホットヨガに興味を持ち、色々と調べているうちに疑問に思うことが無いですか?

ヨガとホットヨガの違いはなんとなく理解できたけど…

ちょくちょく見かけるピラティスってなんなの??

ピラティス1

近隣のホットヨガスタジオを探していて、ヨガ&ピラティス教室を探すにはコチラ!!

なんて文字を見かけたことありませんか?

またホットヨガスタジオの各ホームページを見ていても、ホットヨガとピラティスどちらも受けることが可能な店舗もあったりして…

分かれているってことは違うんだろうけど、よくわからない!!

たまに「ホットピラティス」なんて文字も見るけどますますわからなくなってきた!!

すごく気持ちがわかります。

というわけで今回はホットヨガとピラティスの違いにについて詳しく見て行きましょう♪

ピラティスとはなにもの!?

まず最初にこの事を理解しておいてもらいましょう。

「ピラティスとはダイエットや運動のために生まれたものではなく、

リハビリのために開発されたリハビリ運動である。」

そうなんです。

このピラティスは元はリハビリから生まれたものなのです!

ピラティス2

ドイツ人の看護師「ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラテス」さんが負傷した兵士のリハビリの為にと、考案されたエクササイズだそう。

そもそもジョセフ氏は

自身のメソッドを「コントロロジー」

と名付けており、単なるエクササイズとは違う「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールするための学問」

と呼んでいた

引用元:Wikipedia(ピラティス・メソッド)

つまり、ピラティスというネーミングは彼の死後に名づけられ、当時は「コントロロジー」と呼ばれていたそうです!

1920年代中頃からスタジオを構え、約90年の歴史を重ね今では数千万人が行っているエクササイズ(ピラティス)となっています。

この聞きなれない「コントロロジー」という言葉は
「コントロール」と「哲学」を組み合わせて、ジョセフ氏が自ら考えた造語なんだそう!

コントロロジー(Control-ogy)とは、日本語に訳すと、「コントロール学」、『身体制御学』となり、

単なる「運動法」というだけではなく「学び」であり、

自分の身体をしっかりと認識し、本当の意味で自分の身体を「所有」
するための教育プログラムといえるでしょう

引用元:IT’S ITO’S PILATES!!!

このように見てみてもいかにピラティスが単なるエクササイズではないか!と言うことがわかりますね。

ピラティスのトレーニングとは?

ピラティス3

ピラティスの概要について少し把握できたところで、ピラティスとはどんな運動をするのかについて見て行きましょう♪

ピラティスは普段の生活で意識しにくい部分、

「体幹(インナーマッスル)」を鍛えることによって、体の歪みや筋力不足を解消し、正しい姿勢を取り戻すことができるものです。

基本的に脊柱(背骨)や骨盤の動きに焦点が当てらている為、脊柱の柔軟性やバランス感覚が向上し、身体全体(体幹)が強くなりスッキリとします!

ピラティス4

その結果、腰や膝、脚など、その他多くのトラブルや怪我のリスクを軽減し、健康的な身体を手に入れることができるものなのです。

リハビリや怪我防止だけではなく、体型維持や姿勢の改善、身体の老化を防止する効果が高く、ダイエット効果も同時に得ることができるのがピラティスのいいところ

回数よりも質

ピラティス特有の呼吸法とエクササイズを組み合わせて行うことで、体全体をアライメント(正しい姿勢)へと導くことが目的とされています。

ジムや筋肉トレーニングなどで行う、体の一部に何度も負荷をかけ強くするものではなくピラティスは正しく行うことに フォーカスをあてています。

思い返してください。
「コントロロジー」という言葉を。

「コントロール学」と言う造語。
ただ単に運動法を繰り返すだけでなく、正しい呼吸法・エクササイズを学び、自分の身体を理解すること。

正しい呼吸法・正しいエクササイズを覚え、無理な回数を熟すのではなく正しく行う「質」を非常に重要視しているものがピラティスなのですね!

重要な呼吸法

ピラティス5

ピラティスで最も重要視されているのが胸式呼吸を用いた呼吸法。

腹式呼吸と聞けば、聞き覚えがあると思いますが胸式呼吸という言葉を聞いたこがありますか?

胸が前後左右に動くとされている胸式呼吸ですが、実は女性の多くは自然とこの「胸式呼吸」を行っているようです。

生理的な理由(子宮や卵巣を保護するため)に自然と胸式呼吸になっているんだって!

少し話が脱線しましたが、わかりやすく説明すると、
ラジオ体操で肋骨を大きく広げて深呼吸する時がありますよね?

あの時が胸式呼吸になっているそうです。

この胸式呼吸のメリットは、一度に酸素を大量に取り込むことができます。

これによって、交感神経の働きが活発になり筋肉の緊張を促す!

この筋肉の緊張こそが重要で、強化につながるのですね♪

そもそも呼吸は、精神の安定・内臓機能や細胞の活性化・身体の柔軟性などに欠かすことのできない根本的なものです。

正しい身体に導くためには、正しい呼吸法をマスターすることが非常に大切なのですね。

具体的な運動法は?

ピラティスには「マットピラティス」や「マシーンピラティス」などいくつかの種類が存在しています。

今回はホットヨガとピラティスの違いとはなにか?

についてがメインになっているので、具体的な方法に関しては割愛させていただきます。

詳しくは2001年に設立されたピラティス指導者のための非営利団体PMA(Pilates Method Alliance)を参照にしてみてはいかがでしょうか!?

ホットヨガとピラティスの違いとは?

ここまでピラティスの歴史や本質について触れてきましたが、ここから本題に入りましょう!

ホットヨガとピラティスの違いについてですよね。

ピラティス6

呼吸法やエクササイズを行うことも似ているし、まだよくわかりませんね。

そもそもホットヨガとはどういうものなのか?

まだホットヨガに関して知識があまりない!

という方は「ホットヨガってなんの事?(モエの爆汗ホットヨガ)」を御覧ください。

ちゃんとコチラに戻ってきてくださいね!(笑)

では話を続けましょうか。

持って生まれた本質がそもそも違う!

ホットヨガとピラティスに関して少し見てきたとこで、なんとなく違いがわかりましたか?

まずこの両者は持って生まれた本質が違うことに気づきますよね?

ホットヨガ(ヨガ)
…身体と精神を調和し、安定した状態に結びつけることを目的として生まれた修行法。ピラティス
…リハビリの為に開発されたリハビリ運動で、自分の身体をしっかりと認識し学ぶ事を目的としている。

精神的なリラックスに重点が置かれているヨガに対し、
体の奥(体幹)を鍛える事に重点が置かれているピラティス

どちらもヨガが源流となっているため、非常に似ている部分が多く違いがわかりにくい両者ですが、本質(目的)は全くの別物ということですね。

おおまかに分けるとすれば…

ホットヨガがフォーカスしているモノは「心」

ピラティスがフォーカスしているモノは「体」

という感じになるでしょうか。

具体的な目的の違い

本質的な違いを理解したところで、次に具体的な目的の違いについて触れていきましょう!


「ホットヨガ」

腹式呼吸を行う事で、副交感神経を活性化。
これによって高いリラックス効果が期待できるものがヨガ。
呼吸法やストレッチを重点的に行い、精神的にリラックスすることに重点が置かれている。マット上に立つスタンディングポーズがメインであり、基本的には静止しているポーズが多い。
リラックス効果を高め、効果的なポーズを行うことにより、背骨や筋肉など身体全体を柔軟し強化する。
柔軟かつ上質な筋肉をつくり上げることができるヨガでは「筋肉の柔軟性」を向上させるのに長けていると言えます。

 


「ピラティス」

胸式呼吸を行うことで、交感神経を優位に働かせ筋肉を活性化。
これによって筋肉の強度を高めることが可能になるのがピラティス。体の芯(体幹)を鍛える事を重点的に行い、身体の歪み・体調不良・筋力不足を改善することに重点が置かれている。
マット上に横になるポーズがメインであり、止まることなく常に動いている事が多い。
体幹の筋肉を整え、効果的なポーズに加え呼吸法を行うことで、体全体をアライメント(正しい姿勢)へと導く。
「筋肉の強度」を高めることが中心となるピラティスは、体質・体の不調を改善することに長けていると言えます。

 


わかりやすくまとめて表にしてみましょうか。

ホットヨガ ピラティス
呼吸法 腹式呼吸 胸式呼吸
スタイル 静止ポーズが基本 常に動いている
ポーズ マット上に立つスタンディングポーズが基本 マット上に寝転ぶポーズが基本
目的 精神的なリラックスが目的 体幹を鍛えることが目的
器具(マシーン) 使用しない 使用する場合もある
開発目的 心身統一の修業法 リハビリ目的
筋肉 筋肉の柔軟性向上 筋肉の強度向上

ヨガとピラティスの共通点はあるのか?

ピラティス7

一見同じように感じるヨガとピラティスですが、違いを比較してみれば結構な違いがわかりましたね!!

ホットヨガを始めようとしている…
ピラティスをやってみようかな…

と思っている人は両者の違い・目的を比較してみて、実は私に必要なのはホットヨガだった!
僕はホットヨガではなくてピラティスのほうが良さそうだ!

なんてことになっているかもしれませんね。

ですが、両者共に源流はヨガです!
元はといえばヨガを参考にできたエクササイズです。

ですので、似て非なるものではあるが、共通点も多く存在していますよね。

 ・大きなくくりとして「精神と身体を健康にする」という目的としては両者ともに共通しています!
・エクササイズに加え、方法は違えど呼吸を使用するためリラックス効果が得られることも共通していますね。
柔軟性や筋力が向上することで引き締まった身体をつくり上げることができる点も同じ。
・これによってダイエット効果や代謝のアップ、歪みや筋力不足などからくる肩こり・腰痛なども軽減されるポイントも共通していると言えるはずです!

つまりホットヨガもピラティスも本質こそ違いますが、似ている部分は多く共通点もたくさんあるということなんですね♪

ストレスを発散しながらじっくりと体質を改善したい人はホットヨガを選ぼう!

呼吸法やポーズ・フォーカスしている部分が異なるホットヨガとピラティスですが、基本的には得られる効果に大きな違いはありません。

おそらくホットヨガやピラティスに通いたいと考えている人の大半は「ダイエット」「シェイプアップ」「腰痛の改善」「ストレス解消」など求めていると思います。

  • インナーマッスルの強化
  • 血行不良改善
  • 肩こり・腰痛改善
  • 冷え性・浮腫み解消
  • 姿勢の改善
  • ストレス解消・リラックス効果

両者ともにこれらの効果を感じる事は可能。となればますますどちらに通えばいいのかわからなくなってくると思います。

どちらかを選ぶ場合に重要なのは「自分がどの部分を最も改善したいか」です。

ほぼ同じ効果を得られる両者ですが、フォーカスしている部分は異なるので、効果の現れ方と言う部分では多少の違いがあるのです。

ではホットヨガに通うべき人は、どの部分を求めている人に最適なのでしょうか!?

精神的なリラックス効果を求めている人

  • 体幹を鍛える(インナーマッスルの強化)ことがメインのピラティス
  • 精神的なリラックスと身体を強化し結びつけることがメインのホットヨガ

このことを考えても体幹を強化したい(トレーニングのイメージ)人はピラティスが向いていると思います。

もちろんピラティスでもリフレッシュ効果は得ることが出来ますが、精神的な安定を目的としているホットヨガでは、それ以上に大きなストレス解消効果を得ることが出来るはずです。

精神的に乱れている人やストレスを多く溜め込んでいる人は、それが原因で「肩こりや腰痛」「肌荒れ」「内臓機能の低下」などたくさんの健康被害を発症してしまいがち。

これらに悩む人は圧倒的にホットヨガがおすすめですね。肩こりや腰痛・肌荒れ・内臓機能の低下などは姿勢の乱れや疲労などからも出る症状ですが、ストレスも大きなウェイトを占めています。

体の不調もあるしストレスも蓄積してイライラする…まさにそんな人はホットヨガでしょうね。

老廃物を排出して体の内側から綺麗になりたい人

ピラティスでも当然身体は温まりますし、汗もかくと思います。しかしホットヨガは高温多湿な環境で行います。

その為、発汗作用は高くデトックス効果に優れていると言えます。

汗をかいて身体に蓄積した老廃物を排出するという事は、美容面でもプラスに働き「美肌効果」をより得ることが出来るはずです。

ホットヨガの高いデトックス効果は便秘解消にも力を発揮し、腸内環境(内臓機能)の向上にも期待できます。

老廃物を排出して体の内側から綺麗になりたい人や、美肌効果(美容面)で美しさを求めている人はホットヨガが適しているでしょう。

じっくり柔軟性を高めて総合的な体質改善をしていきたい人

  • ホットヨガ=ストレッチ
  • ピラティス=トレーニング

わかりやすく言えばこんなイメージが近いかもしれません。(※あくまでもイメージです)

ホットヨガは高温多湿な環境でしか行えないデメリットがありますが、その環境の中でポーズ&呼吸を行うことで筋肉の負担が減り無理なく強化することが可能です。

中にはもちろん難しいポーズも存在していますが、基本的には筋肉を傷めない様なストレッチ的な物が多くなっています。(慣れないうちは筋肉痛になりますが…)

ストレッチで筋肉を無理なく伸ばし強化。その結果柔軟性が高く優れた筋肉を手に入れることができるのです。

当然ストレッチですのである程度の時間がかかります。負荷を減らし長期的に柔軟性・筋力向上を求めて行きたい人はホットヨガが最適でしょう。

逆に短期間(回数よりも質)で体幹を鍛え正しい姿勢に整えたいと言う人はピラティスが適しているかもしれません。

要するに定期的に通う時間があり、リラックス効果も得ながらゆっくり体質を改善して行きたい!という人はホットヨガが向いているという事ですね。


いかがでしたか?

ピラティスが思っていたのとは違った!
ホットヨガとは目的が違うんだな~

なんて思った方も多いでしょうか。

ピラティスはリハビリ(体幹を鍛える為)が元に生まれたものなので、比較的短期間で効果が現れやすいと言います。
逆にホットヨガは時間こそ掛かるものの、上質で優れた筋肉を作るためには最適だと言います。

自分が何の目的でこれらのエクササイズを始めるのか。

自分の身体を把握し、何処が悪いのかを理解した上でもう一度、どちらを行うのかを検討したほうがいいかもしれませんね。

何だかんだ言ってもLAVAがオススメ!

lava-chyap

何だかんだ言って初めてホットヨガをやる人はLAVAが一番オススメです。

私も親しい友人や目上の方にホットヨガスタジオを紹介するとしたら、「LAVA」と言います。もちろん、「混雑しがち」というデメリットを伝えた上でね!

そのぐらいLAVAは総合的な評価が高いスタジオなんですよ!

サブコンテンツ