ホットヨガと岩盤浴ヨガの違い?どっちがあなたには向いているのか?

こんばんは!
サイト管理人の花北モエです。

「岩盤浴ヨガ」って聞いたことありますか?

もしかしたらホットヨガと岩盤浴ヨガで迷っている!!

なんていうタイムリーな悩みを持っている方もおられるかもしれませんね。

岩盤浴と聞けばみなさん知っているでしょう!?

岩盤浴(がんばんよく)とは、

温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で、

「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれている。

引用元:Wikipedia(岩盤浴)

最近では街の温泉施設でもたくさん見かける岩盤浴ですが、今回注目したのは「岩盤浴ヨガ」です。

なんとなくイメージはしやすいですね。きっとみなさんが思っているようなものでしょう!

岩盤浴を行う室内環境の元、ヨガを行う!

岩盤ヨガ1

簡単に言ってしまえばこれが「岩盤浴ヨガ」です。

ではここで疑問に思う事。

室内全体を温めた環境で行うヨガでしょ?
ホットヨガと何が違うの??

そうですね。
ホットヨガと全く似たような環境で行われる「岩盤浴ヨガ」とは…

特に「ホットヨガと岩盤浴ヨガ」、どっちに行こうかと悩んでいる人にとって、両者の違いは非常に重要

という訳で、非常に似ている「ホットヨガと岩盤浴ヨガ」。

何が違い・どんなメリットデメリットがあるのか…

その辺りを詳しく見て行きましょう!

岩盤浴ヨガってなに?

岩盤浴の人気もあり、最近ではちらほらこの岩盤浴ヨガというものを見かけるようになってきました!

まずはじめに、岩盤浴ヨガはホットヨガの後に考えられた物だということを理解しておきましょう

つまり、ホットヨガよりも優れていると言えてしまいます

岩盤ヨガ2

ホットヨガのデメリットを減らし、メリットを向上させたもの

ホットヨガの改良版が「岩盤浴ヨガ」といえると思います。

このことを頭に入れながら、進んでいきましょう♪

岩盤・岩盤浴ヨガとは、

本来の岩盤浴よりも温度を低めに設定し、室内全体を温めます。

そのような室内環境で行うヨガ。 これこそが岩盤浴ヨガです。

ほとんどの方が想像していたとおりではないでしょうか。

さすがに運動をするとだけあって、通常の岩盤浴よりも温度は低めに設定しているようですね。

とは言え「35℃前後に湿度60%前後」が基本設定になっているようで、ホットヨガを行う室内環境と変わりはありません。

しかし岩盤・岩盤浴ヨガの大きなポイントは温度調整の方法

基本的に岩盤の温熱だけで環境を保っています

人工的な温度調整ではなく自然な温度調整といえるでしょうか。

また岩盤から発せられる「遠赤外線」は岩盤・岩盤浴ヨガの最大のメリットとも言えます!

岩盤・岩盤浴ヨガとホットヨガとの違い。

ホットヨガでは非常に沢山の優れた効果を得ることができます。

「冷え性・便秘・むくみ・肩こり・腰痛改善・デトックス効果・代謝アップ・美容効果」

など様々。
これらの結果ダイエット効果も期待できるとして大人気なのがホットヨガですよね??

岩盤浴ヨガはホットヨガをベースにしていますので、基本的に得られる効果は同じようなものです。

ですが、効果の質や多少の違いはあるようです。

室内環境の保ち方の違い

岩盤ヨガ3

「ホットヨガ」空調や加湿器などを使用して適した室内環境を保っている。

「岩盤浴ヨガ」天然の岩盤から発する遠赤外線や温熱効果によって適した室内環境を保っている。


このポイントは決定的に違いがありますね。

ホットヨガのデメリットとして挙がることが多いのは、

「独特の息苦しさや乾燥が気になる」
「喉が痛くなる」

などの不快感。

もちろん個人差はありますが、暖房や空調が苦手な人などにとっては結構嫌なポイントでしょうか。

機械で人工的に温度を調整し、外部から温め、強制的に汗をかかせる。

自然の熱を利用し、遠赤外線効果も加わり、体内からじっくりと温め汗をかかせる。

どちらが聞こえがいいですかね?

実はこのポイントが、岩盤・岩盤浴ヨガとホットヨガとの一番の違いといえるのです!

自然の温熱・遠赤外線効果が私達の身体にどのような効果をもたらしてくれるのか?
それに関しては後ほど紹介します。

まずは、室内環境の保ち方が違うということでした。

空調・加湿器と天然の温熱効果では大きな差が生まれる!

岩盤ヨガ4

最も違うと話した室内環境の保ち方ですが、これによってたくさんの違いが生まれるのです。

岩盤浴ヨガのメリットはそこに有るといえるでしょう♪

室内環境の保ち方の違い(温熱効果)によってどのようなメリットを感じることができるのでしょうか!?

注目のキーワードは「遠赤外線」「マイナスイオン」です!!

再三話をしていますが、岩盤浴ヨガの行われる空間には、天然の石(岩盤)から発せられている遠赤外線とマイナスイオンが非常に豊富に充満しています。

この「遠赤外線」「マイナスイオン」によって、基礎代謝がかなり向上し、全身を綺麗に温めることができます

「遠赤外線」「マイナスイオン」が優れている!体にいい!

と言われてもなかなかピンとこないかなと思うので、具体的にどのような効果があるのかを見て行きましょう。


【遠赤外線】

赤外線は、「X線」「紫外線」「可視光線」「マイクロ波」「ラジオ波」などと同じ「電磁波」であります。

「波長」によって、その呼び名と性質が違うわけです。

また、赤外線は「近赤外線」と「遠赤外線」に分けられます。

引用元:遠赤外線協会(遠赤外線とは?)

このように遠赤外線は電磁波であり、赤外線の中の一種であるようです。

特に長い波長を持った遠赤外線は、細胞を傷つけることなく優しくゆっくりと、まんべんなく均一に身体を温めてくれる効果があります。

身体にクリーンで、全身を綺麗に暖めることができる遠赤外線は、細胞の活性化・代謝の活性化・筋肉の伸縮もしやすくなり、
私達の健康を飛躍的に向上させてくれます。


【マイナスイオン】

岩盤浴で使用されている鉱石は、マイナスイオンを発生させています。

今ではすっかり定着したマイナスイオンという言葉。

マイナスイオンと聞けば「体にいい」と誰しもが連想するのではないでしょうか。

家電メーカー13社からはマイナスイオンの定義として

「空気中の原子や分子が電子を得てマイナスに帯電したもの」というほぼ共通した回答がある。

実態は統一的な定義もなく、健康に関して標榜されたさまざまな効果効能の中には科学的に研究されたものもあるが、

実証が不十分であるものが多い。

引用元:wikipedia(マイナスイオン)

とあるように、健康に良いとされているマイナスイオンですが非常に様々な意見や見解があるようです。

ですが、マイナスイオンは血液を弱アルカリ性に変える効果があります。

私達の身体は酸性に傾いてしまうと、老化の原因である活性酵素が増加し、老化の原因や様々な健康被害が生まれてしまうのです。

マイナスイオンによって血液を弱アルカリ性にしてあげることで、血液の流れは良くなりさらさらと血行が向上!

その結果、病気の改善や健康効果が現れることは間違いないようです。


つまり遠赤外線・マイナスイオンは私達の身体にとっては有効に働きます。

通常のホットヨガでは「遠赤外線・マイナスイオン」は発生していません。

単純に比較しても有ると無いのでは「遠赤外線・マイナスイオン」はあったほうがより効果的なのではないかと感じます。

汗のかき方にも違いが!?

岩盤ヨガ5

機械で人工的に温度を調整し、外部から温め、強制的に汗をかかせる。

自然の熱を利用し、遠赤外線効果も加わり、全身をじっくりと温め汗をかかせる。


どちらが聞こえがいいか?
だけではなく、実はこの状況でかいた汗にも違いがあるんですって!!

人工的に外部から体を温め発汗を促した場合、汗は基本的に汗腺から排出されます。

この場合、汗の排出量に差が生まれるだけでなく、身体に必要なミネラル成分も一緒に排出されてしまうのです。

有効な栄養素が一緒に排出されてしまうことは無駄であり、ベタついた汗の原因にもなります。

また臭いの要因にもなり、早くお風呂で洗い流したい!!

という感情が生まれるでしょう。


一方、遠赤外線やマイナスイオン効果によって全身がじっくりと温まり、ゆっくりとかく汗汗腺だけからではなく、皮脂腺からも排出されます

皮脂腺とは脂肪や体内に溜まった毒素を排出してくれる排出器官です。

ここから汗とともに不必要な毒素や脂肪が一緒に汗と排出されることで、デトックス効果が高まります

急激に体外から温めた場合とは異なり、じっくりと全身を温めることで、身体に必要なミネラル成分は排出されずにサラサラとした臭いの少ない汗が排出されるのです。

また、
遠赤外線の持つ「共鳴振動」という作用。

マイナスイオンの持つ「界面活性作用」という作用。

これらが合わさって血液や汗の粒を細かく小さな粒子にしてくれるようです。

これがサラサラとした汗になってくれるみたいですね!

このサラサラとした汗は保湿効果が高く非常に肌にいいそうです。

その為、汗をかいた後もシャワーで洗い流すのではなく、軽く拭き取り洗い流さないほうが肌には効果的なんだって!


ざっくりまとめると、

ホットヨガでかいた汗ベタベタして臭う汗。シャワーで洗い流して清潔にするべき。

岩盤浴ヨガでかいた汗サラサラして臭いのない汗。保湿効果も高く洗い流さないほうが効果的。

もちろん一概には言えませんが、基本的に岩盤ヨガでかく汗の方が健康には効果的であると言えそうです。。

ではホットヨガはダメで、岩盤浴ヨガの方がいいのか!?

岩盤ヨガ6

こうやって比較してみると明らかに岩盤浴ヨガの方が優れているように感じますよね?

ならば、ホットヨガと岩盤浴ヨガで迷っている!という人は岩盤浴ヨガを選べばいいのでしょうか?

答えは必ずしもそうではありません!!

確かにホットヨガには遠赤外線もマイナスイオンも発生しておらず、岩盤浴ヨガでは発生していることは事実です。

ですが、「ホットヨガはダメ」という訳ではありません。

また、「ホットヨガでかく汗は悪い汗!!」という訳でもありません。

はっきり言いますが、「ホットヨガでかく汗も質のいい汗」だと私は思っています。

そもそも質の悪い汗とはなに??

みなさん、汗の役割を知っていますか?

カラダと脳をクールダウンさせるため!

人間の活動にはエネルギー代謝が必要ですが、その時に熱が発生します。

この体温上昇を防ぎ、熱からカラダを守るのが汗の役割。

引用元:五味クリニック

要するに、熱を体外へ放出し体温を調節する役割があるものが「汗」なのです。

それが質の悪い汗と何か関係があるの?

熱を体外へ放出し体温を調節する役割があるものが「汗」です。

つまり、汗をかかないと体温調節機能が乱れてしまいます。

この「体温調節機能が乱れ」こそが質の悪い汗を生み出してしまうのです!!

現代人は生活習慣の乱れや冷暖房の普及、運動不足によって、汗をかかない生活が当たり前のようになってしまっています。

あなたは一週間・一ヶ月でどれだけ汗をかいていますか?

仕事は冷房が効いた室内、休日もショッピングモールや映画館…

運動なんて何年してないかわからない…

このような人は非常に多いはずです。

日々の生活で汗をかかない状態が続けば、体温調節機能が低下してしまいます。

何でもそうですが、全く使わない日々が続けば機能は低下(サビ)てしまいますよね?

これが「汗腺機能の低下」ですね。。

岩盤ヨガ8

このように汗腺機能が低下している人が、ホットヨガなどでいきなり身体を温めて一気に汗を排出すると…

身体に必要なミネラル成分も一緒に排出されてしまうのです。

結果的に「質の悪い汗」となってしまうという訳ですね。

皆さんがホットヨガや岩盤浴ヨガに通おうと思ったキッカケは何でしょうか?

運動不足だから…
痩せたいし、体質を変えたい…

多くの方がこのような事をキッカケに興味をもつことでしょう。

きっとあなたも汗をかきにくい体質になってしまっているはずです。

もうお分かりですね??

汗をかきにくい体質の人は「最初は質の悪い汗」でもいいのです!!

言い換えれば、汗をかきにくい体質の人は「ホットヨガでも岩盤浴ヨガ」でもたいして汗の質は変わらない

つまり汗腺機能が低下している人は、汗の質を気にするよりも、まずは汗をかく習慣を身につけることが大切なのです!!

何年も使用していない蛇口をひねればどうでしょう?
最初はサビた水が出てきますよね?

しかし使用を続けるうちに次第にきれいな水へと戻ってきます。

岩盤ヨガ7

使わない日々が続けば機能は低下(サビ)てしまいますが、使用を続ければ機能は向上するのです!

ホットヨガでもなんでもいいです。

たくさん汗をかいて汗腺の働きを活性化することで、質のいい汗へと確実の変化します。

汚い水分(汗)を排出して、きれいな水分を取り入れる。

このサイクルを早めることで「質のいい汗」をかけるようになります。

ですので個人的には、

「ホットヨガでかく汗は質が悪い・岩盤浴ヨガは質のいい汗をかける」

これは間違いだと思っています。

体質を改善し汗をかく習慣を身につけることで、ホットヨガでも必要なミネラル成分を残したサラサラ汗はかけます!!

「汗腺機能の低下が質の悪い汗を作り出すのであって、ホットヨガでかく汗が質が悪いのではない!」

このことは十分理解しておいてほしいと思います。

ホットヨガでかく大量の汗は汗腺機能の活性化に最適!

ホットヨガを実際に体験してみるとわかると思いますが、とにかく大量の汗をかきます。

普段の生活では絶対にかかない量の汗をかくんですよね。岩盤浴などでじっと寝転んでいるだけでもじわじわ汗って出てくると思いますが、そこで体を動かす訳ですから当然といえば当然かもしれません。

この方のように、汗をかきにくい体質の人も大量に発汗できる事は最大のメリットなんです。

先程も話しましたが、ホットヨガでかく汗はダメ!と言う訳ではなく、汗腺機能の低下による「質の悪い汗」が身体に悪影響を与えてしまいます

特に汗をかきにくい人は汗腺機能が弱まってしまいがちなので、定期的に汗をかく習慣を身につけることが好ましいでしょう。

ホットヨガによってかく大量の汗は確実にプラスに働きます。ホットヨガでかく汗のメリットを理解しておけば、その理由が分かるはずです。

高温多湿な環境で体を動かす事が汗腺機能を高める

この方が言うように、ホットヨガでは髪の毛がびしょびしょになる程の汗をかきます。シャワーを浴びた後か!と思えるほどです。

普段汗をかかない人の場合は、汗腺に皮脂や老廃物が詰まり身体にとって悪影響を与えます。

その老廃物(脂肪や脂質、タンパク質・アンモニア等)が混ざった汗はドロドロし臭いを放つ原因にもなってしまいます。

これだけでなく汗腺機能が低下して体温調節機能にも乱れが生じてしまうでしょう。

汗をかかないことはこれだけの悪影響を与えてしまうのです。だからこそ高温多湿な環境で体を動かすことで汗をたくさんかき、汗腺機能を活性化させる必要があるのですよね。

汗をかく習慣を身につける事の重要性

ホットヨガに継続的に通うようになると、ホットヨガ中だけでなく普段の生活の中でも汗をかきやすい体質になってきます。

極端には変わらないかもしれませんが、内臓機能が高まり代謝が良くなるぶん汗もかきやすい体質になるはずです。

汗かきになるのは嫌だ!と思うかもしれませんが、汗をかく習慣を身につける事はとっても大切なことなんです。

  • 熱中症になりやすくなる
  • 冷え性になりやすくなる
  • 浮腫みやすい体質になる
  • 免疫力が低下し体調を崩しやすくなる
  • 太りやすい体質になる
  • 体臭や汗の臭いがキツくなる
  • 肌荒れしやすくなる

これらは汗をかかなくなることで招いてしまう悪影響です。汗をかかないことでこんな事まで?と思うかもしれませんが、汗腺機能の低下はコレだけの被害をもたらしてしまいます。

逆に言えば、汗をかく習慣を身につけることでこの方のように肌の状況が良くなったり、便通も良くなったりとたくさんのメリットを感じる事ができるのです。

水分補給には気をつけよう!中には汗のかけない人も…

これだけホットヨガを行えば汗をかくと言ってきましたが、中にはホットヨガの高温多湿な環境でも汗をかけない人は存在します。

極端に体温が低かったり代謝が悪いことなどが影響しているのですが、このような人の場合は普段の生活から汗をかく努力を行わなければいけません。

  • リンパマッサージなどを積極的に行う
  • 毎日お風呂に浸かって血流を向上させる

これらを行い、血流・リンパの流れを良くすることは大切なことでしょう。またレッスン中のウェアも締め付けのキツイ物を着用していないか。この辺りも注意する必要があるでしょう。

レッスンを行う数日前から意識的に水分を多くとるよう心がけておくことも大切ですね。

特に注意したいのが汗をかけていないからと言って水分補給を怠ることです。無理に飲めとはいえませんが、少しずつでもいいのでこまめに水分は補給しましょう。でなければ脱水症状や熱中症の危険性が高まるので注意しなければいけません。


いかがでしたでしょうか?

今回紹介させていただいたホットヨガと岩盤浴ヨガの違いについてですが、

あくまでも個人的な見解になていますので、ご理解いただきますようお願いします。

良くネット上では、

ホットヨガでかく汗は良くない!

岩盤浴ヨガは体内からじっくり暖められて健康的でいい汗をかける!

などといったものを見かけますが、一概にはそうではないということです。

もちろん遠赤外線・マイナスイオン効果のある岩盤浴ヨガの方が健康には良く、クリーンな印象もありますが、

ホットヨガが悪い!みたいな言い回しは好みませんね…。

どちらも質のいい汗をかくことができますし、両者ともに優れた健康効果を得ることができると思っています。どちらも汗腺機能を活性化には最適だといえます。

どちらに行くかで悩んでいる…
という方は、基準として自分の体質と相談してみることが一番良いのかもしれません。

空調や乾燥が苦手…という方は岩盤浴ヨガの方がいいでしょう。

全くそんなものは感じないし、近くに沢山スタジオがあって値段も安い

という方はホットヨガで問題ないでしょう!

そのようなたくさんのことを加味して私はホットヨガに通っています。

もちろん岩盤浴ヨガが悪いから!

などではなく、自分の目的・行動範囲・生活リズム等に見合っているのがホットヨガであるからです!

岩盤浴ヨガも優れてはいますが、まだまだスタジオ数が少ないことが多少ネックにはなりますね。

今回はこれで以上になります。
ありがとうございました!

何だかんだ言ってもLAVAがオススメ!

lava-chyap

何だかんだ言って初めてホットヨガをやる人はLAVAが一番オススメです。

私も親しい友人や目上の方にホットヨガスタジオを紹介するとしたら、「LAVA」と言います。もちろん、「混雑しがち」というデメリットを伝えた上でね!

そのぐらいLAVAは総合的な評価が高いスタジオなんですよ!

サブコンテンツ