ホットヨガ後の食事に悩む人に捧ぐ!ホットヨガに食事制限がある理由

ホットヨガに通っている人やこれから通おうと考えている人の中には「ホットヨガ後の食事」について疑問を持っている人がいると思います。

「レッスン前後1~2時間は食事を控えてください」こんな注意書きのあるホットヨガですが、ここでいくつかの疑問・悩みが生まれます。

  • 受講時間が20時以降の場合夜ご飯はどうすればいいの?
  • ダイエット目的じゃなくても食事は控えないとダメ?
  • どうしてレッスン前も制限しないといけないの?

レッスン前後に食事制限があることで、ライフスタイルによっては「結構面倒臭い状況」になってしまうケースがあるんですよね。

その為、ホットヨガスタジオの公式サイトや予約時のメールなどで伝えられますが、守っていない(守れない)人も多いと思います。

そもそもホットヨガ後(前)の食事制限って絶対に守らなければいけないものなのでしょうか?今回は皆さんが感じている疑問を解決するだけでなく、ホットヨガに食事制限がある理由を交えてお伝えしていきたいと思います。

ホットヨガを空腹時に行う2つの理由

ホットヨガを行う際はレッスンの「1~2時間前」には食事を済ませるようにしましょう。これはもはや基本事項とされています。ホットヨガのルールの様な物ですね!

少しでもホットヨガの知識がある方・通った事がある方なら誰もが知っている事だと思います。

私は何となくは想像していましたが、詳しい内容は体験レッスン申込後の注意事項で初めて知りました。

そんなルールがあるんだ~程度に捉えていましたし、特に疑問に思うこともありませんでした。ホットヨガのルールとして捉えていた訳ですが、ホットヨガのレッスンを空腹時に行う理由には大きな理由が2つあるようです!

内臓への負荷が高く気分が悪くなってしまう

まず一つ目の理由として最も当たり前のことが「気分が悪くなってしまうから」なんですね。

  • 激しい運動(マラソンなど)の直前に満腹になるまで食事をしますか?
  • 体を使うハードな仕事の前にお腹いっぱい食事をしますか?

よく考えてみると、負荷のかかる運動・仕事の前に食事ってガッツリ食事はしませんよね?エネルギー補給の為にある程度の飲食はあるかもしれませんが、多くの方は控えると思います。

これは食後に運動をすれば「お腹が痛くなったり」「気分が悪くなる」からだと思います。昼食後の体育でマラソンの時って結構辛かったですよね?皆さん経験があるはずです。

実はこれと同じでホットヨガも身体全体を使用したハードな内容ですから、満腹状態でレッスンに挑むと気分が悪くなってしまう事があるんです。

つまり「運動前にお腹を一杯にすると苦しくなるから2時間以内の食事を控えてください」という事なんですよね。特に難しく考える必要はありませんね。

ヨガの効果を最大限に引き出せるのは空腹時

シンプルに「気分が悪くなるから」という理由に対して、もう一つの理由はとても重要な事です。それは満腹状態だとヨガの効果が半減するというものです。

たくさんの健康効果を得る事が出来るホットヨガですが、それらの効果を最も発揮しやすいのが空腹時なのです。

胃の中にたくさんの食べ物が入っていると、それらを消化させようと身体が活発に働きだします。この時に身体のエネルギーが消化器官に集中してしまい、必要であるべき場所にエネルギーが行き届かなくなってしまいます。

心身共にリラックスさせ、安定した状態にさせる目的のヨガですから、余計なエネルギーを消化器官に集中させてしまう事は致命的。結果的にホットヨガで感じれる効果が薄れてしまうという事態になってしまうのです。

つまりエネルギーが食べ物の消化に奪われてしまい、効果を最大限に引き出す事が出来なくなってしまうという訳ですね。だからこそレッスン前は空腹時であることが理想なのです。

レッスン前は食事を控えるのが理想的

  • 気分が悪くなる・お腹が痛くなる
  • ヨガの優れた効果が薄れてしまう

これらの2つの要因から、レッスン前の2時間以内は食事を控える事がベストだとされています!

深く考えずにルールだから守っていると言う人はそれで問題ありませんが、なぜ食事を制限されるのかを理解しておいた方がいいでしょうね。

私はお腹いっぱいでも気分悪くならないから大丈夫♪なんて軽い気持ちで考えていると、後々後悔するかもしれません。

通っても通ってもホットヨガの効果が思ったより感じれないな…という事にもなりかねませんので、レッスン前の食事には気をつけた方が良さそうですね。

ホットヨガ後の食事管理は効果を左右する大きなポイント

レッスン前に食事をしてしまうとあまり良くない…と言う事は先ほど理解できたと思いますし、レッスン前の食事は比較的簡単に我慢できます。

問題はホットヨガ後の食事制限ですね。レッスン前と同様「レッスン後2時間以内」は食事を控えるようにと言われますが、この問題は多くの悩みの種になるんですよね。

ただホットヨガ後の食事管理はとても重要です。軽視していると後悔する羽目になりますよ。

  • ダイエット効果を感じれない
  • 体調不良を招いてしまう

レッスン後にも関わらず、あれこれ食べていると上記のようなトラブルを招いてしまう事になりかねません。

そうならない為にもトラブルの原因でもある「吸収率」と「消化率」の2点についてしっかりと把握しておいた方がいいでしょう。

レッスン後(運動後)は栄養素の吸収率が高まっている

ホットヨガ後に食事制限がある理由として、最も重要視されるのが「栄養素の吸収率が高まっている」ことにあります。

  • 体内のデトックス効果が高まり栄養素の吸収率もあがっている
  • 内臓が活性化し腸の吸収率も向上している
  • ヨガに限らず運動後は食べ物の吸収率が高まっている

このように「レッスン終了後は体内の吸収率が非常に向上している状態の為」、ある程度の食事管理をしなければ糖分・脂質の過剰摂取へと繋がってしまうのです。

スポンジに水分をたっぷり含ませた状態がレッスン前の私達の身体です。
ホットヨガでは大量に汗をかきますよね?
大量に汗をかいてさっぱりした状態は、水を染み込ませたスポンジを絞ってパサパサになった状態。
ホットヨガ(運動)終了後はパサパサのスポンジの状態に似ているということです。

このように吸収率が高まっている状況を「スポンジ」に例えてみればわかりやすいですよね。

ではそのスポンジに水分を少し垂らしてみるとどうなるでしょうか?当然、あっという間に水分はスポンジに吸収されてしまうと思います。

ホットヨガのレッスン直後はスポンジのように吸収率が高まっている状況なので、食事制限を無視するとダイエット効果を感じれないだけじゃなく、返って体重増の可能性さえあるんです。

胃や腸内の消化率が低下しているレッスン後は体調不良に注意

そしてもう一つの理由が「消化率の低下に伴う体調不良」を招いてしまう可能性があるからです。

ホットヨガ後(運動後)は血流が「筋肉」や「皮膚」に偏ってしまっています。その為に消化器官に対してのエネルギーが不足するんですよね。

これによって消化機能が低下し「消化不良を起こしやすい状態」になっています。つまり食べた食べ物をうまく消化しきれなくなって、体調が悪くなってしまうケースがあるという事です。

体調を崩している時に消化の悪い「お肉」や「魚」「脂っぽいもの」「甘い物」を食べると、下痢・腹痛・吐き気をもよおしてしまいますよね?これは消化率が低下しているからです。

きっとそのような状況の時は消化率の悪い食べ物を控えると思います。これと同じでレッスン後2時間以内は消化機能が低下している為、消化の悪い食べ物は摂取してはいけないのです。

ホットヨガ後2時間以内は「吸収率が高まり」「消化率が低下」している

  • レッスン直後は吸収率が高まっている
  • ホットヨガ後は消化率が低下している

ハードなレッスンとも言えるホットヨガでは、自分が思っている以上に「体内のメカニズム」に変化が生まれています。

その為に食事管理をしなければトラブルが生まれてしまうのですね。

この状態は2時間程度継続してしまうようです。その為、ホットヨガ後2時間は食事を控えた方がいいとされている訳です。

  • 全くダイエット効果が出ない
  • レッスンを受けた日は何故かお腹の調子が悪くなる

このような悩みを抱えている人は、レッスン後に食事をいっぱい取っていませんか?ホットヨガ後に食事が制限されているにはしっかりとした理由があります。

一部例外を除いては「レッスン後2時間以内の食事は控える」べきなのです。

【番外編】レッスン後の食事は摂り方とタイミングで活かす事も出来ます

実際にホットヨガスタジオに通ったことがある人ならばわかるかもしれませんが、レッスン終了後に美容系のサプリメントやドリンクをおすすめされるケースもあります。

スタジオ内にそのたぐいの商品がいっぱい販売されていたりもします。ドリンクだからいいのか?と思うかもしれませんが、これは吸収率が高まっている事をうまく利用した方法なんです。

わかりやすく言えば「吸収率が最も高い間に効果的な栄養素を摂取する」事で、美容・脂肪燃焼効果を高めようというものです。

吸収率が高まっているが為に食事制限をしないといけないはずですが、この時間を上手く活用すればデメリットがメリットへと変わるのですね。

身体を活性化させるために必要な栄養素「ミネラル」や「ビタミン」は欠かす事ができませんから、積極的に摂取した方がいいとも言われています。

逆転の発想!レッスン後30分以内は逆に食事を摂取した方がいい!?

運動終了直後は、体内のたんぱく合成能力が非常に高くなっています。

このことを利用して、このタイミング内にたんぱく質を摂取することで、効率的な筋力量アップが可能になります。

その目安となる時間は「運動を終えたときから30分以内」。

30分を過ぎた頃から筋肉のたんぱく質合成能が低下してきますので、

このゴールデンタイムの間に合うようにたんぱく質を摂取することが大切なポイントです。

引用元:株式会社明治

「運動終了後30分以内」は、一時的に成長ホルモンが分泌されやすい状況になっている。つまり運動終了後の30分間はたくさんの栄養素を吸収することができるゴールデンタイムである!!

このように話しているのは株式会社明治さんです。運動後のゴールデンタイムと言う話は耳にしたことがあるかもしれませんね。

「運動後にプロテインを飲む」行為はこのゴールデンタイムをうまく活用したものなんですよね。

  • 筋肉量を増やしたくない
  • ただただ体重が減って欲しい

そう思っている人にとっては興味が無いかもしれませんが、美容効果・筋肉量UPなどを求めている人は「栄養素を吸収するチャンス」でもあります。

もちろんゴールデンタイムといえども、何を食べてもいいわけではないですね。消化に良く、栄養素の高いもの。果物やビタミン類、などを効率よく摂取したほうがいいのです!

運動後のゴールデンタイムを活用しながら食事制限をしよう!

ここまで話をしてきたように、ホットヨガ後(前)に食事制限のルールが有るのは「消化不良を防ぎ、余分な糖分や脂質の過剰摂取を防ぐ為」です。

ただ裏を返せば「栄養素をしっかり吸収するチャンス」でもある事がわかったかと思います。

このゴールデンタイムを活用しながら食事管理を行うことが最も理想的ではあります。しかし実際はそこまで徹底して管理できる人は少ないでしょう。

ハードなレッスン終了後は甘いモノ(ジュースやアイス)が欲しくなりますし、疲れた身体で栄養バランスを考えた食事を自炊する力も残ってはいないはずです。

  • レッスン帰りに外食したり、スイーツを買って帰って食す!
  • いつも以上にお腹が空き、高カロリー・脂っこいものを食べてしまう!

これらの行為になってしまいがちなので、ホットヨガでは「レッスン前後2時間以内の食事禁止」ルールを設けているといえるのではないでしょうか?

いずれにせよ、レッスン終了後の2時間以内は食事を控えた方が無難ではありますが、終了直後の30分間(ゴールデンタイム)だけは栄養素を意識しながらの食事はOKでしょう。

消化の良い食事や悪い食事の例紹介!完全にNGな食事はスイーツ!

  • レッスン開始2時間以内の食事はNG
  • レッスン終了後2時間以内の食事は原則NG
  • 終了後に限り消化がよく栄養価の高い食事はOK

このようにレッスン前後2時間以内の食事についてお話をしてきました。何となく理解できたかもしれませんが、言葉ばかりで少し話が混乱してしまっているかもしれませんね。

そこで特にややこしいレッスン終了後の食事について、実際にあるSNSの投稿を利用して「良い食事や悪い食事の例」をわかりやすく解説してみましょう。

ホットヨガのレッスン終了後に食事に出かける人はとても多く、その食事内容は注意しなければいけません。

効果的に栄養素を蓄えることが出来ている食事と、逆に太ってしまう・体調を悪くしてしまう食事とでは大きな差が生まれてしまいます。

しっかりと見極めて、効率よくレッスン後の食事を摂取できるようにしておきましょう。

鉄板でNG行為!レッスン2時間以内のデザートは避けるべき

この方も理解はしているようですが、わかっていても中々な辞められないレッスン後のスイーツ。

消化が悪いだけでなく高カロリーで吸収率が高まっているレッスン後は非常に危険です。消化が悪くない(良い)としても高カロリーな食事やドリンクは控えるべきものです。

ホットヨガで汗をたくさん流して疲労した身体は糖分や甘いものを欲します。だからこそデザートの誘惑はやってきてしまいます。

しかしダイエットや体質改善の為にホットヨガに通っているのであれば我慢しなくてはいけませんね。

私も何度もこの誘惑に誘われて何度も破れてしまっています…。わかってはいるけど…なんですよね。ただ基本的にレッスン2時間以内のデザートは危険だと理解しておかないといけません。

肉・麺・揚げ物など消化が悪く高カロリーな食事は太る&消化不良の危険

肉などはタンパク質も豊富で一見いいように思いますが、レッスン終了後には向いていない食事の1つです。やはり消化が悪く終了後2時間以内は消化不良などの可能性もあるので避けるべき。

同様に麺類や揚げ物は高カロリーで栄養価もそこまでありません。特にラーメンや揚げ物は内臓系に負担が強くかかってしまうのでよくありませんね。

これに関しても皆さん理解はしているのですが、どうしても疲労感(レッスン前2時間以内も食事をしていない)からくる空腹の誘惑に負けてしまいそうになります。

特にホットヨガのレッスンを夜に行っている人の場合は、食事のタイミングや摂り方が難しくなってきます。だからと言って何も気にせず食事をとっていてはせっかくのレッスンが台無しに…。

レッスンによって筋力は増加するかもしれませんが、同時に脂肪も増えてしまいます。また内臓系への負担が強いので消化不良や気分が悪くなるなど健康被害も出てしまうので注意しなくてはいけません。

栄養バランスの取れたサラダは負担が少く効果的な食事

身体の吸収率が上昇しているレッスン後は、比較的消化がよく栄養価の高いサラダなどの食事は理想的です。

確かにレッスン後2時間以内の食事は控えてくださいと言われているかもしれませんが、栄養バランスの取れたサラダであれば積極的に摂取してもいいと思います。

特にこの方が食べているような「タンパク質・ビタミン・ミネラル」が豊富なサラダはおすすめです。

ただカロリーが高くなりがちなドレッシングなどには気をつけるべきですが、このような栄養価の高いサラダは理想的。

美容効果が高まるだけでなく、ホットヨガのレッスンで得たものが身になりやすい食事と言えるでしょう。

プロテイン・スムージーはOK!ゴールデンタイムをうまく活用できる

低カロリーで高タンパク・栄養価の高いプロテインやスムージはレッスン2時間以内だとしてもオススメできます。

筋トレなどでもそうですが、トレーニング後30分以内はゴールデンタイムと言われています。その時間にプロテインなどタンパク質が豊富な物を摂取することで筋肉量を増すことが出来るのです。

これはホットヨガでも同じで、肉体改善・シェイプアップを求めて通っている人はレッスン終了後30分以内のプロテイン摂取はいいですね♪

また酵素・栄養素がたっぷり含まれているスムージーもおすすめ!このように消化がよく栄養価の高いものは積極的に摂取していくべきです。ただし冷たすぎる飲み物は体を冷やしてしまうので飲み過ぎには注意が必要ですね。

特にこの方のように、牛乳を豆乳に変更してもらっていることは素晴らしいいですね。

プロテインやスムージーはマイボトルに入れて持ち運べるので、レッスンが終わった直後に飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

レッスン終了後2時間以内は通常の食事は控えたほうが「無難」

いかがでしたでしょうか?ここまで話した結論を言えば「レッスン終了後2時間以内は通常の食事は控えたほうが無難」ということでしょうか!

ですが、吸収率が高まっているから食べてはいけない!!と言ってしまうのは早計ではないですかね。

消化に良い食事やNGな食事でも紹介したように、サラダやプロテイン、スムージーなど消化がよく栄養価の高い食事&ドリンクは積極的に摂取していくべきだと思いますね。

これさえ理解できていれば「受講時間が20時以降の場合の夜ご飯問題」も解決できるのではないでしょうか?お腹はすくかもしれませんが、レッスンの日は消化がよく栄養価の高い野菜を中心に食べることが理想的ですね。

また「ダイエット目的じゃなくてもレッスン前後は食事を控えるべき」である事もイメージできたと思います。

全員がメカニズムを把握できているとは限りませんよね。
レッスン後は疲労感が増すので甘いモノや高カロリーなものを食べるでしょ?疲れたしお腹すいたから食べるでしょ?
30分間の間に栄養素が高く消化率がいいものをわざわざ選んで食べないでしょ?
だったらそれは逆効果だから終了後2時間は食べてはいけません。

だからホットヨガではわかりやすいように「レッスン前後2時間以内の食事は禁止」と伝えているのかもしれませんね。

もちろんレッスン後の食事の摂り方やタイミングをしっかりと理解すれば、今以上にホットヨガの効果を感じる事ができるかもしれませんね♪

何だかんだ言ってもLAVAがオススメ!

lava-chyap

何だかんだ言って初めてホットヨガをやる人はLAVAが一番オススメです。

私も親しい友人や目上の方にホットヨガスタジオを紹介するとしたら、「LAVA」と言います。もちろん、「混雑しがち」というデメリットを伝えた上でね!

そのぐらいLAVAは総合的な評価が高いスタジオなんですよ!

サブコンテンツ