デスクワーク中心の女性必見!ホットヨガは肩こり・腰痛改善には最適

ホットヨガ 肩こり1

ヨガやホットヨガに通う理由としてダイエットの為と答える人は圧倒的です。そのダイエットに次いで多くの方の理由に当て嵌まるのが【肩こり・腰痛・首のこり】改善の為でしょう。

ホットヨガは【肩こり・首のこり・腰痛】の解消にとても効果的であり、人気の高いフィットネスとして注目されているのです。

特に注目なのは「ヨガよりも肩こり解消効果が高い」とされているところ。

ホットヨガ 肩こり5

一般的に肩こりなどの症状に悩まされいる人は圧倒的に女性が多いとされ、20代〜50代の女性の半数以上、同年代の男性の約倍以上の方が肩・首・腰などのこりや痛みに悩まされていると言う結果が出ています。

ダイエット効果や美肌効果に加え、肩こり・腰痛に悩まされる女性が多いことからも、ホットヨガに通う女性ユーザーが増加しているんです。

デスクワークが多い女性は深刻な肩こり・腰痛に苦しんでおり、ヨガよりも解消効果が高く「総合的に優れたホットヨガ」を選択して通っている人が多いのですね。

ホットヨガの肩こり解消効果が高い5つの理由や、女性が肩こり・腰痛に苦しみやすい6つの理由も踏まえて「肩こり・腰痛解消にはヨガよりもホットヨガ」が最適だという事を把握しておきましょう。

1.肩・首・腰の凝りが発生する理由
2.女性が肩こり・腰痛に悩まされやすい訳
3.ホットヨガの肩こり解消効果が高い5つの理由
4.【勘違いに注意】効果はあるが即効性はない
5.ヨガよりも肩こり・腰痛改善効果が高いホットヨガは女性に大人気
 逆に肩が凝る理由や原因

肩・首・腰のこりは何処からやってくる!?

ホットヨガ 肩こり2

そもそも肩こりの原因や腰痛・首の凝りって何が原因で発生するものかご存知ですか?ざっくりでもいいので理解しておけば、ヨガ・ホットヨガで肩こり・腰痛が改善できる理由がより理解出来ると思います。

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。

首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。

引用元;くすりと健康の情報局/第一三共ヘルスケア

第一三共ヘルスケアでは、人間は二足歩行な為「頭を支えている首・肩まわりは疲労しやすい」と伝えています。その影響があり「痛みや凝り」の症状が出やすい場所になってしまっているのです。

極端な話「人間である以上肩・首・腰の凝りは避けて通れないもの」なのですが、人によって症状が出る出ないがありますよね。この違いは何なのでしょう。!?

首・肩こりは主に「血行不良・筋肉疲労・姿勢の乱れ」が影響

二足歩行であるため「肩・首・腰の凝り」は避けれないものですが、当然原因は「二足歩行による疲労」だけじゃありません。

首や肩の周辺のこりの原因は主に「血行不良・筋肉疲労・末端神経の傷・一定の姿勢やゆがみ」が挙げられます。

基本的にはこれらの症状の度合いによって痛みや凝りが発生すると言う訳です。

スクリーンショット(2015-11-30 16.48.46)
引用元;くすりと健康の情報局/第一三共ヘルスケア

この図は非常にわかりやすいと思います。難しいメカニズムはさておき、血行不良・筋肉疲労・末端神経の傷・一定の姿勢やゆがみに自覚症状がある方は注意が必要です。

腰痛の原因は「過度な運動・内臓異常」も関係してくる

腰痛に悩まされている人も多いでしょう。首・肩こりの原因とほぼ同じではありますが、腰痛の場合は若干の違いが生まれます。

「一定の姿勢やゆがみ・筋肉疲労や衰え」に関しては肩こり・首の凝りと同じ。

ですが腰痛は「過度の運動や動作・骨の老化・内蔵の異常」などの原因も加わってきます。

加齢にともない骨の老化や内蔵機能の低下はある程度仕方のないものです。歳を取れば腰痛が酷くなる…と感じるのはこれが関係しているかもしれません。

加齢による腰痛ではなく、20代〜40代で腰痛悩まされている人の場合は「一定の姿勢やゆがみ・筋肉疲労や低下・過度の運動や動作」が主な原因と言えるかもしれません。

女性が肩こり・腰痛に悩まされやすい6つの理由

ホットヨガ 肩こり3

首・肩・腰などのこりの原因は基本的に決まっています。なのに何故女性の方が症状に悩まされやすいのでしょうか?

男性の方が身体を使った仕事をしているはずなのに、何故これほどまでに女性の方が悩まされているのでしょうか?

実はこれには「身体の仕組み」を中心に6つの理由が関係しているようですね。

6つの体の仕組み

  • 筋肉への負担
  • 筋肉量の問題
  • バストの存在
  • ストレスの影響
  • ホルモンバランス
  • 職業の影響

この6つのポイントが「女性の方が肩こり・腰痛に苦しみやすい」事と大きな関係を持っているのです。

筋肉量が男性よりも少ない女性

女性は男性に比べ筋肉の量は少ないものです。これは誰でも簡単に想像できることだと思います。

手や腕・首も細く、肩の筋力も弱い女性の場合、同じ頭部を支えるだけでも男性より負担がかかりやすくなってしまうのです。

負担が高まれば筋肉は疲労し緊張状態になってしまいますし、これが影響で血管を圧縮し血行不良を招いてしまうでしょう。

また首や肩まわりだけでなく、全体的に筋肉量が少ないと基礎代謝量も少なくなりがち。

筋肉量と代謝低下の関係
筋肉量の低下=血行不良=基礎代謝量の低下=冷え性

基礎代謝が低下すると太りやすくなったり、冷え性に悩まされることも増えてきます。女性が冷え性になりやすいのは「筋肉量・血行不良・基礎代謝量の低下」が主な原因で、肩こり・腰痛になりやすい事と同じ理由があると考えられます。

「筋肉量が少なく」「血行不良になりやすく」「基礎代謝が落ちやすい」女性は、男性に比べて肩こり・腰痛・首の凝りに悩まされやすいのです。

バストを支える女性は疲労が溜りやすい

男性になくて女性にあるもの。それは「バスト(おっぱい)」の存在です。

カップ数 片胸(g) 重さ比較
A 71g みかん
B 140g
C 240g りんご
D 380g グレープフルーツ
E 570g
F 810g メロン(小玉)
G 1100g キャベツ
H 1500g ドリアン

実にコレだけの負担が女性にはかかっています。片胸にそれぞれの果物・野菜が常にくっついていると考えれば相当な重さですよね。

このバストを支える為に男性の倍以上の負担が肩・首にかかっていると考えれば相当なものだと理解できるはずです。

男性よりも筋肉量が少ないのに、倍以上の負担がかかっている…理由は明白ですよね。

また、バストを支え包み込む役割のブラジャー。サイズ感が間違っていると胸部を締め付けてしまうことに。

これでは血流は悪化してしまうので、これも原因の一つとして影響しています。

ストレスを感じやすく溜め込みやすい女性

男性に比べて環境やライフイベントの変化が多く、ストレスを感じやすいとされている女性。

女性特有のライフイベント
結婚・妊娠・出産・育児・月経…

これだけでも感情の変化が発生してしまうので、ストレスを感じやすくなってしまいます。

脳内のメカニズムや構造も男性と女性では違いが!!

女性は気分を明るくする脳内神経伝達物質「セロトニン」の分泌量が男性よりも少ないのです。

人間はストレスを感じるとノルアドレナリンという物質が過剰に発生しますが、これを抑え安定させる為に必要なのが「セロトニン」。

女性は元々セロトニン分泌量が少ないため、たびたびストレスを受けると分泌が間に合わなくなったり、イライラしたり、不安感が増したりして、

情緒不安定になりやすく、それがまたストレスにつながります。

さらに女性ホルモンの影響で、生理前にはセロトニンが減り、これが原因で月経前に落ち込みが激しくなります。

引用元;女性とストレス|カウンセリング東京

男性と女性ではこのような違いがあるのです。これに加え、感情の変化や相手の要求などを敏感に察知する能力に長けているのが女性の脳です。

相手の動きから余計な気を使ってしまう分、精神的な疲労はたまりやすくなってしまうのですよね。

このようにストレスを感じやすい女性は自律神経やホルモンバランスは乱れ体調を崩しやすくなってしまいます。

自律神経やホルモンバランスは乱れてしまう事で、身体は休まず緊張状態が続きます。また血液はドロドロになり血流も滞ります。

これらの多くの要因が重なることで、筋肉の疲労・血行不良に繋がり「肩こり・腰痛の症状」が発生しやすくなる訳です。

職業柄デスクワークが多い女性

体を動かしたり営業で出回ったり「体力を使う仕事が多い男性」に比べて、女性は事務職やデスクワークが多い事も肩こり・腰痛を招く立派な原因の1つです。

事務職やデスクワーク以外でも販売職で「立ちっぱなし」という方も多いでしょう。

長時間同じ姿勢でのデスクワークや立ちっぱなしは、身体の姿勢を悪化させてしまうのです。

長時間姿勢が前傾になってしまうと神経を圧迫してしまいますし、肩まわりの筋肉は疲労し緊張状態に。

パソコン画面を長時間見ている場合は目の筋肉も疲労してしまいますから、肩こりだけでなく頭痛の原因にもなってしまいます。また長時間座りっぱなしだと、血流も乱れてしまうので首・肩・腰のこりには天敵なのです。

これらのように、女性であるからこそ陥りやすい状況がいくつも重なってしまうことが大きく関係しているのですね。

女性の方が圧倒的に多いとされている「首・肩・腰などのこりや痛み」の症状。これは偶然ではなく必然と言えるのです。

ヨガよりもホットヨガが肩こり・腰痛改善に効果的な5つの理由!

ホットヨガ 肩こり4

肩こりや腰痛・首の凝りが発生する理由や、女性の方が男性に比べて肩こり・腰痛が生まれやすい事をある程度は理解できたと思います。

問題はどうしてヨガよりもホットヨガのほうが肩こり・腰痛改善効果が高いのか?です。

美容効果・ダイエット効果など女性が喜ぶ効果が高いホットヨガですが、肩こり・腰痛解消の為に通っている女性はかなり多いです。

ここまで女性人気が高い理由、そして何故ホットヨガで肩こり・腰痛が解消できるのか?これには5つの理由が関係しているようです。

1.ヨガよりも高温多湿な環境が血行をより促進させる

ホットヨガはご存知の通りサウナにも似た高温多湿な環境で行います。

ヨガの呼吸法・ポーズは思っている以上にハードであり、室内環境もあるおかげで大量の発汗が期待できます。

普段汗をかかない人でも驚く程の汗をかくことでしょう。これがヨガよりもホットヨガが勝っているポイント。

そんな大量の発汗は体内に溜まった毒素を一緒に排出してくれるデトックス効果があります。またヨガのポーズも合わさり、リンパや血の巡りがスムーズに改善され代謝は向上。格段に血行が良くなるんです。

毒素排出・血の巡りが改善される事は、首・肩などの凝りには効果的で、ヨガよりも高い発汗・デトックス作用を持ったホットヨガは肩こり・腰痛改善効果が高いのです。

2.姿勢の歪みを改善して余計な負担を減らせる

デスクワークやスマホの普及、無理な体勢、猫背などから姿勢が乱れている人は非常に多いのが現代です。普段の生活や歩き方など、日々に小さな積み重ねが大きな姿勢の乱れを生んでしまいます。

この姿勢の乱れからくる首・肩こり・腰痛に悩まされている人はかなりいます。マッサージに行ってみても一時的に症状は改善されますが、姿勢の乱れはそのまま…。

根本的な原因を解消する為には「乱れた姿勢を改善する事」が大切で、肩こり・腰痛・首の凝り会場には欠かせない要素なのです。

ヨガのポーズは正しい姿勢を取り戻す為に最適で、全身の筋肉を使いゆーっくりポーズをとる事で、姿勢やゆがみを整えてくれます。そうすると無理な姿勢からくる、筋肉の緊張や疲労・神経、血流の圧迫がなくなり余計な負担をなくしてくれるでしょう。

また高温多湿な環境であるホットヨガでは、筋肉の柔軟性が高まる事で負荷を減らしてくれます。これは怪我を抑えるだけでなく、柔軟性の高い筋肉を鍛える為には欠かせないポイント。

体幹を鍛える事が出来るホットヨガは筋肉量も向上させてくれますから、首・肩こり・腰痛の原因でもある筋肉量の低下も解消することが可能なんです。

これもあわせてサポートできるホットヨガは最も適していると考える事が出来ますよね!

3.ストレスを解消して肩こり・腰痛を軽減させる

女性はストレスを感じやすいもので、肩こりや首まわりの痛み凝りはストレスが大きな原因であることは先程もお話いたしました。(もう一度確認する)

そのストレス解消効果が極めて高いものがホットヨガなんです。ホットヨがユーザーは20代〜40代の主婦やOLが多く、仕事終わりにストレス解消の為に通っている人もかなりいるそうです。

これは大量の発汗作用や身体を動かす事で爽快感を感じる事が出来る事に加え、夜遅くまで(22時前後)レッスンを行っているスタジオが増加していることも考えられます。

また呼吸法は精神を安定させる効果が高く、リラックス効果が期待できます。

実はこの呼吸法を用いたリラックスはストレス解消にとても有効。

様々なポーズで姿勢の乱れ・筋肉に与えられているストレスを解消し、呼吸法で精神的なストレスを解消出来る「ホットヨガは心身共にストレスから解放してくれるもの」なんですね。

4.肩こり・腰痛専用のプログラムがあるホットヨガは満足度No,1

ホットヨガが肩こり・腰痛解消効果が高いとして人気している背景には、数多くの専用のプログラムが用意されている事が大きなポイントになっています。

日本にたくさんのホットヨガスタジオが存在していますが、多くのスタジオは肩こり・腰痛解消コースの様なものを用意しています。

大手企業が参入しているホットヨガスタジオですから、ヨガに比べてユーザー目線で考えられたたくさんのプログラムが用意されている事は魅力の1つ。

ホットヨガに通う理由は人それぞれですから、このように自分に見合ったコースを選択できるのはとても嬉しいですよね。

専用のコースを選べばより重点的にトレーニングできるのでより高い効果を感じる事が出来るとされています。

そういう意味では肩こり・腰痛改善に特化したプログラムを選べるので、高い解消効果に期待できるのでしょう。

5.ホットヨガで用いられるヨガポーズが肩こり・腰痛に効く

ホットヨガで行うポーズは肩こりや腰痛にかなり効果的。すべてが効果的!とまでは言いませんが、非常に沢山のポーズが肩こり・腰痛解消に最適なんです!

cyairudo
①チャイルドポーズ
肩甲骨周辺を伸ばし、筋肉をほぐしてくれる効果があります。
わしのぽーず
②鷲のポーズ
肩甲骨を寄せながら行い、肩周りを開く効果があり筋肉がほぐれます。
sakana
③魚のポーズ
背筋をピンと伸ばして行えば、肩甲骨が伸び効果的。
ハーフブリッジ
④ハーフブリッジのポーズ
腰まわりがとっても伸びるので、腰痛には最適なポーズ。
daunndoggu
⑤ダウンドッグポーズ
全身をストレッチするポーズ。肩から腰にかけて伸びるので腰痛にも効果的。
ushirogassyou
⑥後ろ合掌のポーズ
背中で手と手を合掌。背中・肩・腰が伸びて筋肉がほぐれます。

ほんのごく一部ですが、このようなポーズがたくさんあります。背中・肩・腰と伸ばし筋肉をほぐすことで、肩こり腰痛を軽減できるのです。

首・肩・腰などのこりの原因である「血行不良・姿勢のゆがみ・ストレス」を、これらのポーズと環境で取り除く事が出来るものがホットヨガはとっても魅力的でしょう。

ヨガよりも「高い発汗作用」「柔軟性が高まる環境」「高いリラックス効果」「プログラム数」に長けたホットヨガは、肩こり解消・腰痛改善効果に優れたものなんです。

継続していく事で間違いなく効果があると断言できますが、それでも解決しない場合は何処か異常があるかもしれませんので、専門医に相談した方がいいでしょう!

また肩こり・腰痛改善に効果的なポーズをたくさん持つホットヨガですが、勘違いしてはいけないのが「即効性はない」という事です。

これだけは忘れないようにしておきましょう。

【勘違いに注意】肩こり・腰痛解消効果はあるが即効性はない

「ホットヨガが肩こり・腰痛解消に効果的である」ということは断言しますが、基本的には即効性に期待はできません。

期待できないと言っても「1回や2回で解消できる訳ではない」と言う事です。

ストレス解消などであれば、1回目でも効果は感じる事が出来るかもしれませんが、肩こりや腰痛と言うものはいくつもの要因が重なっておこっているものです。

特に血行不良や姿勢のゆがみを改善することは1回や2回では不可能です。これらは継続して続ける事で少しずつ解消されていくもの!

実際にホットヨガを継続している方の意見では、肩こり・腰痛が和らいだと実感しているようなので、根気よくチャレンジしてみましょう。

時間をかけて継続してくことで、ホットヨガは肩こり・腰痛の原因になる要因を全て解決する事が可能なのです。

マッサージのように1回だけで解消されるものではない

肩こりや腰痛が酷い人は定期的にマッサージなどに通っているかもしれません。

マッサージや整体に行けば凝りを重点的にほぐしてくれるのでとても気持ちいいですし、1回行くだけでも肩こり・腰痛がスッキリして身体が軽くなりますよね。

しかしホットヨガでは凝っている部分を重点的に指圧したりはありません。

ストレッチをしたり体を伸ばしたり汗をかく事で、凝りの原因である問題を解消すると言う狙いがあるものです。

もちろんレッスン後は全体的にスッキリして身体が軽くなるかもしれませんが、基本的にはマッサージのような即効性は無いと考えましょう。

意外にも「数回で治る」と思っている人や「月に4回(週1回ペース)で1ヶ月通えば治る」と思っている人が多いので注意しなくてはいけないポイントだと思います。

週2~3回を継続すれば3ヶ月以内に効果を感じれる

実際の口コミ情報

ホットヨガで肩こりや腰痛を改善するために最も理想的なペースと期間は「週2~3回」を「3ヶ月」です。

週2~3回通っていても1ヶ月では完治までは出来ませんし、週1回を3ヶ月通っても少しレッスン回数が少ないので期間的に足りないかもしれません。

ホットヨガの効果を実感するのに必要な期間でも紹介していますが、やはり理想的なペースは「週2~3回」でしょう。

ホットヨガの効果を実感するのに必要な期間

もちろん1ヶ月でも痛みが和らいだと感じる人はいますが、このペースで3ヶ月以上通っていた人は結構な割合で肩こりや腰痛が軽減したと実感しているんですよね。

実際の口コミ情報

そして3ヶ月を過ぎ更に継続することで、薬を飲むほど悩んでいた肩こり・腰痛が「全くなくなった」と実感できるほどにまで改善出来る人もいるんです。

肩こりだけに限らずホットヨガは継続することでたくさんの健康効果を与えてくれるものです。

もちろんライフワークや仕事によって通えるペースは人それぞれでしょうが、自分が通える範囲内でのペースを守り、継続していくことが大切。

特に日々の生活が積み重なって痛みや凝りを生じる肩こり・腰痛は簡単には改善できません。

根気よく通い詰めることが肩こり・腰痛改善には必要なことなのです。

ヨガよりも肩こり・腰痛改善効果が高いホットヨガは女性に大人気

デスクワークの女性も含め「筋肉量」「ストレス」「バスト」などいくつも要因が重なって肩こり・腰痛に悩まされる女性は非常に多いです。

これらの問題を解消するためには「血行促進」「筋肉強化」「姿勢の矯正」が必須です。

ヨガよりもホットヨガが勝るポイント

  • 大量の発汗によるデトックス効果
  • 柔軟性の高い筋肉強化
  • 高いリラックス・ストレス発散効果
  • 豊富なプログラム数

ホットヨガではヨガよりもこれらのポイントが優れています。結果的にホットヨガの方が肩こり・腰痛改善には効果的だと考えられるのです。

またスタジオ数が多いことや夜遅くまで営業しているスタジオが「ヨガよりも多いこと」が人気の理由でもあるでしょう。

ただ先程も話したように即効性はありませんし、中には変化を感じないと感じる人もいるでしょう。もしかすれば「逆に肩が凝った」と感じる人もいるかもしれません。

最後にはなりますが、ホットヨガに通ったのに逆効果になってしまった場合の原因を把握しておきましょう。

逆に肩が凝る?それは筋肉痛や間違ったポーズをとっている可能性が高い

肩こり解消や腰痛改善には最適とも言えるホットヨガですが、中には逆効果と感じてしまう人もいるんです。要するに肩こり・腰痛が悪化してしまったと感じる人ですね。

そう感じる人の場合は下記の2つの原因が考えられます。

逆効果になる理由

  • 単純に筋肉痛になっている場合
  • ポーズが上手く出来ていない場合

単純に筋肉痛になっている場合は特に心配する必要はありません。マッサージや整体などに行っても、次の日に揉み返しがきて肩や腰が怠いという事はありますよね。これは好転反応とも考えられるので気にする必要はありません。

問題なのはポーズが上手くできずに、肩や腰に変な力が入り筋肉に毎回強い負荷がかかってしまうことです。

間違ったポーズを取得してしまうと、せっかく筋肉や身体をリラックスさせようとしているのに逆効果になってしまいます。

ホットヨガに通いはじめて時間が立つのに、肩こりや腰痛が治らない。もしくは逆にだるくて酷くなっている…と感じる人がいれば、ポーズの仕方に問題があるのかもしれませんね。

特に「山のポーズ」「犬のポーズ(ダウンドッグ)」「牛の顔のポーズ」は、体の重心や姿勢・伸ばす部分を間違えると逆に「肩・腰」に負担がかかってしまうポーズです。

わからない場合や不安な場合はしっかりとインストラクターさんに聞くなりして、正しいポーズを習得しましょう。

基本的にいつまでたっても体の負担が消えない・痛みが消えない場合は、何処かに問題点がある場合だといえます。

正しいポーズを行い正しくレッスンを受ければ「確実に肩こり・腰痛は改善される」はずです。

少しでも不安・疑問があればスタッフに相談しながらレッスンを受けるようにしましょう。

何だかんだ言ってもLAVAがオススメ!

lava-chyap

何だかんだ言って初めてホットヨガをやる人はLAVAが一番オススメです。

私も親しい友人や目上の方にホットヨガスタジオを紹介するとしたら、「LAVA」と言います。もちろん、「混雑しがち」というデメリットを伝えた上でね!

そのぐらいLAVAは総合的な評価が高いスタジオなんですよ!

サブコンテンツ