”ホットヨガかジム”迷っている暇があったら両方に通いましょう!


ジムかホットヨガどっちに通えばいいか悩んでいる人はかなり多いです。そんな人にまず言いたいのは「両方通えばいい」という事です。

ですがこう言ってしまうと「それはない」と思いますよね。

両方に通えない理由

  • 両方に通うお金が勿体無い
  • 両方に通う時間がない
  • 両方に通う体力がない

大抵の場合は「金額」「時間」「体力面」から即答で「両方通うことは考えていない」という判断に至るでしょう。

「痩せたい人はジムへ」「肩こり・腰痛改善にはホットヨガへ」など、求めている効果によって通うべき場所を変える事が一般的ですが、両方に通った方が期待値はグンと高まります。

でもジム1万円(月)・ホットヨガ1万円(月)の合計2万円は無理ですよね。

では月額1万円以下でホットヨガとジムの両方を同じ店舗で行う事が可能だとすればどうでしょうか?

1.ホットヨガとジムの両方を併用する事で高ま4つの効果
 単純に消費カロリーが倍になる
 有酸素・無酸素運動で基礎代謝がより高まる
 美を高める成長ホルモンの分泌を高める
 筋肉バランスが整い肩こり・腰痛解消に役立つ
2.ホットヨガ&ジムを併設した人気スタジオはCALDO
 CALDOを推奨する理由は圧倒的なコスパ
 別々に通った場合の入会金・登録日・月額料金
 ホットヨガメイン店舗がオススメできる理由
3.CALDOは1万円以下でホットヨガ&ジムを利用できる日本一のスタジオ
 ホットヨガ&ジム併用の場合の理想的な順番

「月額1万円以下でホットヨガとジムの両方を受ける事が可能なスタジオがある」

と言われても、そもそもホットヨガとジムを併用する事で、どれだけのメリットを感じることが出来るのかを把握していなければ、イマイチ乗り気になれないと思います。

ホットヨガでは「ダイエット効果・美容効果・肩こり腰痛改善効果・便秘解消・冷え性改善・筋力UP(体幹)」など、非常にたくさんの効果を感じる事が可能です。

そこにジムでのマシントレーニングや筋トレを加えることで、「より早く」「より効果的に」変化(改善)を感じれるのです。

ホットヨガとジム併用のメリット

  • 消費カロリーが倍になる
  • 有酸素・無酸素運動で基礎代謝が高まる
  • 女性ホルモンの分泌量が向上する
  • 体内外の筋力バランスが整えられる

特にこれらの4つのメリットから、より高い「ダイエット効果(脂肪燃焼)・アンチエイジング(美容)効果・腰痛肩こり改善効果・理想的なボディライン」が手に入ると言えるでしょう。

単純に消費カロリーが倍になる

ホットヨガにダイエット効果(体重減)を求めて入会する人は多いと思います。でもホットヨガのレッスン(60分)で消費できるカロリーは思っている以上に少ないんです。

ホットヨガはどうして痩せないと言われるのか」でも説明していますが、1回のレッスンで消費できるカロリーは350kcal程度です。

ホットヨガは痩せない?消費カロリーはマクドのポテトMサイズ以下!

その為「ホットヨガでは大幅な体重減は期待できない」とも言われています。もちろんその他の観点からシェイプアップには優れていますが、単純に消費カロリーだけで言えば物足りないかもしれません。

そこでホットヨガにジムでの運動を加えれば、単純な消費カロリーの数値を高めることが出来るので、より高いダイエット効果を得ることが出来るのです。

ホットヨガ スクワット 腹筋 腕立て
消費カロリー(60分) 350kcal 250kcal 180kcal 180kcal

ジムで行う筋トレやマシントレーニングは色々あると思いますが、ざっくりと伝えれば上記のようなカロリーを消費(プラス)できるでしょう。

有酸素運動と無酸素運動で基礎代謝がより高まる

ダイエットや太りにくい体質を手に入れるために重要な「基礎代謝」ですが、ホットヨガには基礎代謝の向上をサポートしてくれる役割があります。

ホットヨガで痩せるには基礎代謝とインナーマッスルの強化がポイント」で詳しく説明していますが、基礎代謝を向上させるには「内臓機能・筋力・脳」を活性化させる必要があるのです。

ホットヨガで痩せるには基礎代謝とインナーマッスルの強化がポイント

もちろんホットヨガでは内臓機能の活性化やインナーマッスル(体幹)の強化に期待できるので、基礎代謝の向上も望めます。

ただより効果を高めるには無酸素運動である「筋トレ」を取り入れる事が理想的。

筋トレ後は、血中に乳酸が溜まり成長ホルモンが多く分泌されるので、脂肪の分解力が高まっているだけじゃなく「基礎代謝を高める」には最も適した状況です。

その状態で有酸素運動であるホットヨガを行うことで「より高い脂肪燃焼効果」を感じながら「基礎代謝を向上させる」事が可能となるのです。

美を高める成長ホルモンの分泌を高める

先程からチラホラと出てきている成長ホルモンですが、これは通称「若返りホルモン」と言われていて、アンチエイジングや美容の為には欠かせないホルモンなんです。

成長ホルモンは「全てのホルモンの源」と言ってもいいほどで、女性ホルモン(男性ホルモン)を生み出すためにも必要不可欠なものです。

成長ホルモンがもたらす美容効果

  • 代謝を高める
  • バストアップ効果
  • 脂肪分解作用(ダイエット効果)
  • 美肌効果

この成長ホルモンは「年々減少していく」と考えられていますが、「睡眠」「食事」「運動」を工夫することで増加させることが可能。

特に筋トレやマシントレーニング・加圧トレーニングなどの無酸素運動は、成長ホルモンを活性化させるために重要な要素。

美をもたらす女性ホルモンの活性化にも繋がるので、無酸素運動を取り入れることはとっても大切なことなのです。

ホットヨガには女性ホルモンの分泌量を高めたり、ホルモンバランスを整える効果のあるポーズがたくさんあります。

つまり筋トレ後にホットヨガを受ける事で、成長ホルモン(女性ホルモン)の分泌をさらに促してくれると考えられます。

内側・外側の筋肉バランスが整い肩こりや腰痛解消にも役立つ

肩こりや腰痛の原因として「血行不良」「筋力低下」がよく挙げられます。

この要因として運動不足や姿勢の乱れが関係しているのですが、ホットヨガではまとめて解消できることから高い「肩こり・腰痛改善効果」に期待できるとされています。

特に体の内側の筋肉(インナーマッスル)の強化に長けたホットヨガは、普段使用することのない部分の筋肉を鍛えることが可能なのでおすすめされているんです。

もちろん体幹(インナーマッスル)を鍛えることは重要な事ですが、筋肉はバランスよく鍛えなければいけません。

体のゆがみや肩こり・腰痛の症状がある人は「筋肉のバランスが悪い」と言う状況がしばしば。

「内側だけ」「外側だけ」「右側だけ」「左側だけ」など筋肉が付く場所(弱る場所)のバランスが悪いと良くありません。

そういう意味ではホットヨガにジムでのトレーニングを加えることで、内側・外側から筋肉を強化することが出来るので、負担が少ないバランスの良い身体を手に入れることが可能なのです。

結果的に「より肩こり・腰痛解消効果が高まる」んです。

ホットヨガ&ジムを併設した人気スタジオはCALDO

caldo-chyap-new

日本各地にはたくさんのホットヨガスタジオがありますが、「ジムを併設したスタジオ」は非常に少ないです。

特に全国展開している大手ホットヨガスタジオで考えれば、その数はさらに少なくなるでしょう。

「加圧トレーニング」「ピラティス」「マシントレーニング」など他のレッスンを同時に受ける事が可能なスタジオはそこそこ見つかりますが、ジムを開放しているスタジオはとっても少ないんですよね。

それを考えれば全国に62店舗を構えているCALDOは、ホットヨガ&ジムを同時に利用できる店舗として日本一と言えるでしょう。

備え付けのジム設備

  • 筋トレマシン
  • フリーウエイトコーナー
  • ランニングマシン
  • エアロバイク
  • クロストレーナー

店舗数やマシンの豊富さももちろんですが、何よりも注目すべきは「コストパフォーマンス」だと思います。

CALDOを推奨する理由は圧倒的なコスパ

cald-chyap

タグ-体験レッスン- タグ-プログラム豊富- タグ-入会キャンペーン-
タグ-男女共用可- タグ-スマホ予約-
全国店舗数 月4回 デイタイム通い放題 フル通い放題
63店舗 6,480円 7,560円 9,720円

まずこれを見てもらえれば分かるように、CALDOの月額料金はとっても安いんです。ホットヨガのレッスンで通い放題が1万円以下のスタジオはそうそうありません。

スタジオ比較 月4回 デイ通い放題 フル通い放題
LAVA 8,300円 11,300円 13,300円
CALDO 6,480円 7,560円 9,720円

参考までに日本最大級のLAVAと比較してみました。もちろん店舗によって価格帯は多少変動しますが、同じエリア(大阪ミナミ)にある両店舗で比較してこの違いです。

その他店舗との料金比較は「体験潜入レポート」で比較しているので参考にしてみて下さい。

sennyuurepo

 

LAVAとの比較では3,000円~4,000円の差が生まれるので、年間で考えれば約40,000円~50,000円もの違いが出てくるんですよ。

圧倒的にCALDOの方が安いですよね。

そして何よりも忘れてはいけないこと、それは「CALDOはこの価格でジムも利用可能」です!

別々に通った場合の入会金・登録日・月額料金比較

ホットヨガとジムを同時に通う(通い放題)とすれば、一般的な場合18,000円程度はかかってしまうと思います。

全国的にも200店舗以上のスタジオを構え、今人気急上昇中のJOYFIT(フィットネスジム)の月額料金は約8,000円程度です。

スタジオ 入会金 登録料 通い放題 合計
LAVA 5,000円 7,000円 13,300円 25,300円
JOYFIT 2,160円 3,240円 8,227円 13,627円

入会金や登録料、そして月額料金が必要になってくるので、両方を別々のスタジオで通うのは現実的ではないと思います。

仮に通えたとしても店舗は別々なので、移動も大変ですし、同時利用がスムーズに行なえない可能性も高まりますよね。

日本一のLAVAと低価格で24時間利用可能なJOYFITで計算しても「初月38,927円」が必要となり、継続的に「毎月21,527円」がかかってくるでしょう。

これを考えれば同じ店舗内でホットヨガ&ジムの利用が可能で、かつ月額9,720円のCALDOは魅力たっぷりですね。

ホットヨガメインの店舗の方がオススメできる理由はレッスンの数

先程比較したフィットネスジムJOYFITは、ジムがメインの店舗ではありますが、スタジオメニューとしてホットヨガやその他のプログラム(ピラティス・ルーシダットン…)も受けることが可能なんです。

このようにジムメインでありながらも、ホットヨガのレッスンを受けれる店舗は結構あるんですよね。

極論を言えばそのようなフィットネスジムでも「ホットヨガ&ジム」を併用して利用する事が可能で、ホットヨガスタジオにジムが併設された店舗が近くにない場合は代用する事も出来ます。

ただしこの場合はホットヨガのレッスンが極端に少なく、1日に1回開催される程度と考えていいでしょう。あくまでもジムがメインの店舗なので仕方のないことではあります。

つまり時間に制限のある人はオススメできません。その点ホットヨガ専用スタジオはレッスン数も多く、時間に余裕のない人でもレッスンを選ぶことが出来るので選択肢は広がるでしょう。

CALDOの場合は、スタジオが開放されている限りジムは利用可能なので、ホットヨガとジムを同時に利用できる確率は格段に高まるんです。

CALDOは1万円以下でホットヨガ&ジムを利用できる日本一のスタジオ

併用で高まる効果

  • ダイエット効果(脂肪燃焼)
  • アンチエイジング(美容)効果
  • 腰痛肩こり改善効果
  • 理想的なボディライン

ホットヨガとジム併用のメリットでも紹介したように、両方を併用すれば「求めている効果をより高く」感じることが可能になります。

しかし別々に通えば2万円近く必要になる事は今回でよく把握できたと思います。

そういう意味で考えればホットヨガ&ジムを利用できて1万円以下のCALDOの魅力が十分理解できたのではないでしょうか。

もしホットヨガとジムのどちらに通うか迷っている人がいれば、CALDOに通う事で問題は解決するはずです。

通える範囲内に店舗がある場合はオススメできます♪

※ただし店舗によってはジムを併設していない所もあるので要注意!

筋トレ→ホットヨガの順番で理想的な身体を手に入れましょう

CALDOに通ってホットヨガとジムを併用する場合、理想的な順番は「ジム利用(筋トレ)→ホットヨガ」です。

これに関しては「ホットヨガとジムの両方を併用する事で高まる4つの効果」に目を通していれば、なんとなくイメージできたと思います。

筋トレ後は脂肪燃焼効果が高まるだけでなく、女性ホルモンの分泌を促したり、基礎代謝が高まる状況になっていますから、その後にホットヨガを行うことが最も効率よく効果を感じることが出来るんです。

特に「痩せたい」「ダイエットしたい」「美容効果を感じたい」と感じている人は、この順番はしっかりと意識した方がいいです。

ただホットヨガを行う・ジムだけに通うよりも、同時に通う方が「理想的な身体を手に入れる」為には近道と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です