7日間の便秘は基本…。頑固な便秘はホットヨガで根本的に解消できる

便秘解消

3日間は絶対に便が出ない。1週間に1回でればいい方。このように女性の方で便秘に苦しめられている人はかなり多いと思います。

中には10日以上お通じが来ない人や、慢性的な便秘の影響でお腹の張りや不調を感じている人もいるはずです。

特に女性に多い便秘の症状は「デリケートな悩み」ですから、相談しにくく問題を解決できないでいるケースが多いでしょう。

便通を良くする市販薬なども販売されていますが「腹痛が酷くなるから出来れば飲みたくない」と感じている人も多く、自然な便秘解消を望む女性はたくさんいます。

そこで推奨できるのが「ホットヨガによる便秘解消効果」です。ホットヨガでは「血流・水分の循環促進」「ストレス解消」「内臓機能向上」「体幹強化」が期待でき、この4つのポイントから便秘を根本的に解消する事が出来ると言われています。

一般的な便秘の種類と原因は主に3つ

薬に頼らない自然な便秘解消が期待できるホットヨガですが、便秘と言ってもたくさんの原因やいくつかの種類があることはご存知でしょうか?

何事も問題を解決するには「原因・理由」を把握しておく必要があります。まずはじめに便秘について詳しく紹介していきます。3分で読めると思いますが、既に把握している人は「ホットヨガが便秘解消に効果的な理由」まで飛ばして下さい。

さて本題に戻りましょう。便秘の原因は様々ですが、そもそも便秘ってどんな症状の事か知っていますか?

便秘とは【排便のメカニズムが乱れ、満足いく排便ができない状態】ことを言うんです。

便秘と聞けば何日(1週間~)も便が出ない事を想像してしまいます。しかし毎日1回は排便していた人が3~4日出ない…この場合も満足いく排便ができていない状態なので便秘となるんです。

便秘はいくつもの種類や原因に分かれている!

【満足いく排便ができない状態=便秘】とひと括りに言っても、症状や原因によって便秘の種類は変わってくるんです。

便秘解説図

この図を見ればわかりやすいと思いますが、便秘は【機能性便秘】【器質性便秘】の2つに分けることができ、機能性便秘からさらに枝分かれしています。

どの種類の便秘も原因や症状が違うので、自分の便秘の種類を把握することはとっても重要なこと。たくさんの種類が存在していますが、私達が便秘と聞いて想像する種類は以下の3つの便秘だと考えられます。

  • 弛緩性便秘
  • 痙攣性便秘
  • 直腸性便秘

日々の生活の中で最も症状が表れやすいのがこの3つの便秘なんです。

器質性便秘は肛門や大腸・小腸・胃などに何らかの疾患を持っている場合に便秘になってしまう症状なので、自分で直せるものではありません。病院等での専門的な治療が必要です。

 器質性便秘
症状 強い腹痛・吐き気・嘔吐・血便・発熱・思い当たる原因がないが急に便秘になった

このような症状が当てはまって気になる方は、専門サイトで詳しく確認しておきましょう。

慢性便秘の原因を探る!

基本的に便秘の原因は栄養不足・運動不足・ストレス・水分不足・内臓機能の低下などが関係しています。

これらが便秘と関係しているからこそ「ホットヨガで改善」することが可能なのですが、その話は後ほど詳しく説明しましょう。

日々の生活の中で最も症状が表れやすい便秘が「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」と言ったように、機能性の慢性便秘からくる3種類の便秘はこれらの原因に左右されやすいもの。

弛緩性便秘 運動不足・筋力低下・水分不足・食物繊維の不足・内臓の垂れ・無理なダイエット
痙攣性便秘 ストレス・睡眠不足・生活習慣の乱れ・環境の変化
直腸性便秘 便意を我慢する癖・老化による神経の鈍り・痔などの物理的に妨げられている

ストレスの場合は痙攣性便秘、運動不足・筋力低下の場合は弛緩性便秘など、明確な違いを生むと言う事は覚えておきましょう。

偏った食事や不規則な生活といった生活習慣の乱れが大きく関与していると言われています。

近年における欧米型の高脂肪食の増加や食物繊維摂取量の減少なども原因のひとつです。

また、精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスから来る脳の緊張状態が腸のさまざまな機能に影響を与え、機能低下を起こしているのではないか、とも考えられています。

引用元:大日本住友製薬

またこれを見てもわかるように、日々の生活習慣の乱れは一番の原因だということがわかりますね。

自分の便から慢性便秘の種類は把握できる

便秘の種類や原因がわかったところで、自分がどの便秘に悩まされているかがよくわからない…
思い当たる原因はたくさんあるし、何を改善すれば良いのかがわからないと解消することも難しいですよね。

でも慢性便秘の判断の仕方は結構簡単なんですよ!

弛緩性便秘 水分がなく堅い便・残便感・食欲低下・お腹の張り・肌荒れ・肩こり
痙攣性便秘 便秘と下痢を繰り返す・固くてコロコロの便・下腹部の痛み
直腸性便秘 便意を感じない・排便時に痛みを感じる・非常に堅い便・便秘薬を飲めば下痢になる

どうでしょう?今便秘に悩んでいる人は何か感じるものがあったんじゃないでしょうか?

便秘を解消するには原因を見つけ改善することはもちろん、自分の便秘の種類が何なのかを理解しておく事がとっても大切です。

ホットヨガが便秘解消に効果的なのは4つのポイントが関係している!

便秘1

冒頭でも話をしたように、ホットヨガは「血流・水分の循環促進」「ストレス解消」「内臓機能向上」「体幹強化」が期待でき、その結果高い便秘解消効果を得る事が可能だとして注目されています。

基本的な便秘の原因は「栄養不足・運動不足・ストレス・水分不足・内臓機能の低下」などが関係していますから、それらをまとめて解消できれば便秘は自然と改善に向かうはずです。

言うまでもなくそれらを全て解消できるのがホットヨガという訳です。

  • 血流・水分の循環を促進させる
  • ストレス解消効果が高い
  • 正しい姿勢を取り戻して内臓機能を向上させる
  • インナーマッスル強化で腸の働きを活性化

この4つの効果・効能によってホットヨガでは便秘を解消することが出来るでしょう。また一時的に便通を良くするのではなく「慢性的な便秘を改善」できます。

つまり便秘を招く根本的な原因を解消することで、便秘薬を飲んだ後の腹痛に悩まされることもなく、頑固な便秘を自然に解消する事が出来るのです。

1.血流・水分の循環促進が排便をスムーズにしてくれる

体の水分

私達の体の半分以上が水分で出来ていることは知っていますよね?約70%が水分と言われています。

なので体内の水分が不足してしまう事は、体にとってたくさんの悪影響を与えます。もちろん便秘もその1つの症状。水分不足によって便に使用する水分が減り、さらには腸内や全身へ水分が上手く循環しなくなるんです。

こうなれば便が固くなり排出しにくくなってしまうので、便秘を加速させてしまう事に繋がります。

この状況を改善する為にはホットヨガの「水分補給と発汗作用」が役立ちます。ホットヨガでは大量の水分をこまめに摂取しながら身体を動かします。汗として水分は排出されますが、新しい綺麗な水分を摂取することで循環機能は向上!

腸内・全身と新鮮な水分が行き渡る事と、ホットヨガのポーズで身体を動かす事で「血流・水分の循環が促進」されるのです。これにより便にもしっかりと水分が届くようになれば、スムーズな排便に繋がり便秘解消に繋がる訳ですね。

2.ストレスからくる自律神経の乱れ解消が便秘改善の鍵

便秘はストレスや環境の変化で起こりやすいもの。旅行時や旅先、転勤先などで便秘になってしまう事が多いと思いますが、これはストレスが原因だと考えられます。

特に痙攣性便秘はストレスなどから腸の働きを狂わせてしまうことで巻き起こってしまいます。

腸の働きは自律神経によって支配されているので、ストレスなどで自律神経が乱れると腸の働きも狂ってしまうのですね。結果的に便秘の症状が生まれるのです。

呼吸法と様々なポーズで行うホットヨガは高いリラックス効果があることはご存知ですか?ヨガは心身のバランスと整える為に生まれたものですから、ホットヨガにも非常に高いリラックス効果(ストレス発散効果)があります。

心身共にリラックスすることで、自律神経はバランスを取り戻し腸内の働きも活性化。結果的にスムーズな排便を取り戻すことに繋がるでしょう。

3.正しい姿勢を取り戻して内臓機能を向上させる

内臓のずれ

「姿勢の乱れと便秘」は一見関連性がなさそうに思えるかもしれませんが、便秘を招く原因の1つとして考えられます。

長時間の同じ姿勢や、猫背など体のゆがみは内蔵の位置をずらしてしまいます。内臓の位置がずれてしまうことで腸は精細さをかいてしまうのですね…。

内蔵はたくさんの臓器からなっていますが、一つ一つのバランスが乱れると腸の居場所も窮屈に。腸はストレスに影響しやすい内蔵ですから正常に働かなくなり便秘を招いてしまうケースもあるんです。

これらの姿勢の歪みからくる「内臓の位置のずれ」を解消するのに効果的なのがホットヨガ。ヨガのポーズは美しい姿勢を取り戻すためには最適です。

本来の正しく美しい姿勢を取り戻せば、自然と内臓の位置も正常に戻ります。内臓の位置が正常に戻れば腸もストレスから開放され、活動的になるので便秘解消に繋がるはず。

歩き方・立ち方・座り方…など日々の細かな癖で姿勢は乱れがち。ホットヨガはそれらを解消するのにとっても適しているフィットネスなのですね。

4.インナーマッスル強化で腸の働きを活性化

運動不足や筋力の低下は便秘とも関わりが強い要素です。特に腹筋が衰えると、便を排出する力が不足し便秘になってしまうことがあるんですよ。

弛緩性便秘は特にその影響が強く、便秘の原因としてもよくあること。女性に便秘気味の人が多いのは、男性に比べて「筋力が弱いこと」が影響しています。

普段の生活で使わない筋力はどんどん衰えますし、女性であればなおさら…。ホットヨガはインナーマッスル(体幹)を強化するのに効果的なポーズや呼吸法をたくさん行います。

インナーマッスルが強化されれば、内臓機能も活性化するので腸は元気になります!それに加え排出する腹筋の力も加われば便秘解消に近づけるという訳。

もちろん数回通った程度では体幹は強化されません。継続して通う必要がありますが、普段使用しない筋肉を定期的に使用することで着実に強化(内臓機能活性化)に繋がるでしょう。

内臓機能をサポートしてくれるものがインナーマッスルであり、便秘改善にも欠かせないのがインナーマッスル(体幹)の強化なのです。そしてホットヨガならそれが可能です。

頑固な便秘はホットヨガ+食生活の改善で治す

軽い便秘程度ならホットヨガに通うだけであっさり改善する可能性がありますが、頑固な便秘となると話は別。

1週間以上の便秘は当たり前!2週間でないこともある。このように酷い便秘に悩まされている人の場合は、生活習慣の見直しが必要になるでしょう。

「偏った食生活」「睡眠不足」など不規則な生活は便秘に大きく関与していますし、便秘と言えば「食物繊維」は真っ先に連想されることではないでしょうか。

それぐらいに食生活は大きな問題なのです。ホットヨガに通うだけでは食生活の改善は出来ませんよね。もちろん生活習慣の乱れも同じ。

頑固な便秘を改善する為にはホットヨガに加え、乱れた生活習慣を自ら改善する必要があるのです。では具体的に何をすればいいのか?それをいくつか紹介していきましょう。

難しく考えすぎない事が大切!まずは悪い食事を減らす事から始めよう

ダイエットでも同じことが言えますが、食事管理を行う時って何から始めていいかわかりませんよね?

「食物繊維」「ビタミン」「ミネラル」「オリゴ糖」「乳酸菌」を摂取しましょう!と言われても、どんな食材をどのように摂取すればいいの?と、この段階で心が折れてしまう人ってめちゃくちゃ多いと思います。

この場合は最初からすべてを完璧に改善しようとするので頭が混乱してしまい失敗してしまいます。

最初のうちは難しく考えなくてもOKなんです。よくわからないから「とりあえずヨーグルト食べとくか」で全然問題ないです。ただし絶対に忘れてはいけない事があります。

それは「悪い食事を止める・減らす」こと。カップ麺やインスタント食品、ジャンクフード、脂っぽい食事など「欧米型の高脂肪食」を減らす努力は絶対に行わなければいけません。

排便のリズムを作る!1日3食を心がけよう

ジャンクフードなどの悪い食事を減らすことは必須条件ですが、もう一つ大切なことは「1日3回の食事」を行うことです。

特に朝食を必ず摂取するようにすれば「排便のリズム」が生まれやすくなります。寝起きに食事を摂ることで胃や腸に反応が起きて「排便を促してくれる」のです。

これを毎日継続する事で「朝食を食べる=排便しないと」というリズムが身体の中で作られます。この排便のリズムを作り出すことはとっても重要な事。

確かに私は朝食食べない派だな…と感じている人も多いかもしれませんね。それだけ朝食(1日3食)の摂取は大切なことなのです。

もちろん1日3食ジャンクフードでは無意味ですし逆効果でしょう。朝食を食べることに抵抗がある人は「ヨーグルトだけ」「サラダだけ」でもいいので食べることを意識した方がいいでしょう。

ホットヨガのレッスン後2時間以内(ゴールデンタイム)に栄養素を摂取しよう

ホットヨガではレッスンを受けるにあたってルールがいくつかあります。その1つに「レッスン前後2時間以内の食事禁止」というものが存在しています。

  • レッスン時に満腹だとヨガの効果を引き出せない
  • レッスン後は吸収率が高まるので肥満を招く可能性がある

もちろんこれだけが理由ではありません。詳しくは「ホットヨガ後の食事に悩む人に捧ぐ!ホットヨガに食事制限がある理由」を参考にしてみて下さい。

で今回注目したいのは「吸収率が高まっている」レッスン後の2時間以内です。言い換えればゴールデンタイムなのですが、この時間を上手く活用すれば「必要な栄養素をしっかり吸収させる事が可能」になるんです。

日本最大級のホットヨガスタジオLAVA」ではグッズや専用フードの販売なども豊富で、中には美を促進させるドリンクやダイエットを促進させるゼリーなども存在しています。

これらの商品には「ビタミン」や「食物繊維」「乳酸菌」などが豊富に含まれており、便秘解消に必要な栄養素がたっぷり含まれているんですよね。

このあたりの商品をレッスン後のゴールデンタイムに摂取することで、便秘解消を促進させてくれる可能性が高まるはずです。

ホットヨガ+1日3食+レッスン直後の栄養素摂取で頑固な便秘を解消しよう

  • ホットヨガで循環機能促進・ストレス解消・内臓機能向上・体幹強化
  • 悪い食事を減らし便秘の悪の根源を減らす
  • 1日3食の食事で排便のリズムを作る
  • レッスン後に便秘解消効果の高い栄養素(専用フード・ドリンク)を摂取する

確かにホットヨガを行うだけでも体の機能は向上するので「便秘は改善される可能性は十分ある」でしょう。

しかし頑固な便秘に悩む人は一筋縄ではいきません。

1週間以上の便秘に苦しめられている人は「ホットヨガ+食生活の改善」を意識していく必要があるんです。

悪い食事を減らし、1日3食の食事を心がけること。そしてレッスン後のゴールデンタイムを活かした栄養素の摂取。この3つを意識するだけでも変化を感じることは出来るはずです。

ホットヨガで便秘になった!?逆に便秘になってしまう原因は主に3つ!

ここまでホットヨガが便秘解消には最適で効果的だと話をしてきましたが、もちろん個人差やその他日常生活によっては改善に向かわない人もいるでしょう。

その場合は生活習慣や便秘を招いている習慣を改善させつつホットヨガに取り組むことが重要かもしれません。

ただ厄介なのが「ホットヨガに通ったことで逆に便秘になってしまった」と言う人もいることです。今まで便秘に悩んだことがなかったのに、他の理由でホットヨガに通ったところ何故か便秘に悩まされるように…

ホットヨガで便秘になることってありますか?
運動をほぼしたことないながら、もともと痩せ型、これまで便秘とは無縁でした。
運動不足解消に、一ヶ月前からホットヨガを始めました。週3回くらいです。始めた日から、空腹時でもお腹がぽっこり膨れ、便がたまにしか出なくなってしまいました。お腹に溜まってる感じはあるんですが。でた日でも、きちんと出ないので不完全燃焼です
食生活も変えてません。体に合わないのでしょうか。

引用元:@cosme(アットコスメ)

このように頭を悩ませている人は意外にも多いんです。便秘解消を目的に通い始めた人は「逆になる」というよりも「治らない」となるだけですが、それ以外の目的の人は逆に便秘になるとこのように戸惑ってしまうでしょう。

もし実際にホットヨガに通ってから便秘になってしまったという人がいればどうすればいいのか?逆に便秘になる3つの原因と解決策を学んでおくことで、万が一の場合に備えておくことが出来ます。

よくある可能性は好転反応!一時的に便秘になってしまうこともある

「ホットヨガに通いだしてから逆に便秘になった」と言う人の中で最も多い原因が「好転反応」です。

好転反応とは「治療の過程で一時的に起こる身体の反応」で、要するにいい方向に改善していっている過程で一時的に症状が悪化する事を言います。

例えばダイエットなどを行う際に「野菜中心の食生活にした」「青汁を飲み始める」人は多いと思いますが、この場合でも逆に便秘気味なってしまったと感じる人は結構いるはずです。

せっかく体に良い事を取り入れているのになんで便秘になってしまうんだ!と感じるかもしれませんが、これも好転反応なんですよね。

つまりこれと同じように、ホットヨガに通い始めてから便秘気味になったと感じる人は、乱れていた身体が良い方向に改善されていっている可能性が高いと考えられます。

好転反応は個人差もありますが基本的には1ヶ月前後で収まることが多いです。ある程度の期間様子を見て、それでも改善しない場合は他の原因を考えたほうがいいですね。

大量の発汗による水分量の低下が原因かもしれません

好転反応の場合は心配する必要はないのですが、中々改善されない場合は「大量の発汗による水分量の低下」が原因なのかもしれません。

  • レッスン中に汗をかき過ぎる人
  • 大量の水分補給が不得意な人

これらの症状に当てはまる人の場合は要注意。かく汗の量に対して摂取する水分が不足しているので、体内の水分量が低下してしまいます。

もちろんそうなれば、脱水症状など危険な状態になる可能性もありますし、水分不足により血流も滞り便秘の症状を招いてしまうことも考えられるのです。

特に「軽度の脱水症状」の場合は水分が不足していることに気付きにくく、それが原因で逆に便秘を招いていることにも気付きにくいんですよね。

もし「汗をかく量・水分補給が苦手」と自覚があるのであれば、好転反応よりも「体の水分量が低下」していることが原因と考えたほうがいいかもしれません。

基本的には水分補給が絶対条件のホットヨガですから、1回のレッスンで1リットルの水分は補給した方がいいです。でもどうしても苦手、飲めない!と言う人はインストラクターの方に相談したり、常温のヨガにするなど対策を練る必要がありそうです。

慣れない環境に苦痛を感じている・ストレスを感じている場合も要注意

便秘(痙攣性便秘)の原因として、ストレスや環境の変化などが関係していると記事内でも説明しましたよね。

ホットヨガはそのストレスを解消する効果があることからも便秘解消には最適だとされています。しかし誰もがホットヨガを受けることでストレスを発散できるとは限りません。

多くの方がリラックスできた!ストレス発散できた!と感じる中、どうしても高温多湿な環境に慣れず逆に負担を感じてしまう人も中にはいるんですよね。

慣れない環境・慣れないポーズ・慣れない呼吸法…これらがストレスとしてのしかかり、返って便秘を招いてしまうケースも十分考えられます。

  • 嫌々でも身体の為を思ってホットヨガに通っている
  • 不快に感じる会員&スタッフがいる

などストレスを感じる要因は人それぞれですが、もし心あたりがあるのであれば逆にストレスが原因で便秘を引き起こした可能性も疑うべきです。

この場合は「ホットヨガが不向き」と考え他のフィットネスを行うか、「スタジオを変更する」などの対策を練るべきですね。

慢性的な便秘を薬なしで自然に改善するにはホットヨガが最適

現在ひどい便秘に悩まされて市販薬などに頼っている方も多いと思います。もちろんそれでスッキリ改善するのであれば問題ありませんが、中には身体の不調を感じる人もいるんですよね。

そもそも薬を使用することで一時的にお通じは良くなるかもしれません。しかし便秘を招いてしまっている原因を解消しないことには「同じことを繰り返すだけ」でしょう。

振り返ってみると主な便秘の原因は「栄養不足・運動不足・ストレス・水分不足・内臓機能の低下」などでしたよね。

  • 水分をたくさん摂取し汗をかき循環機能を高める。
  • 姿勢を正して血流を向上させるだけでなく、内臓機能を正常に働きかける。
  • ストレスを発散から自律神経を安定させ、極めつけはインナーマッスル強化で腸を活発に!!

これが便秘解消効果が高いホットヨガの簡単な流れ。簡単にいえばホットヨガでこの根本的な原因の多くを解消できるので便秘改善に効果的ってことです。

ホットヨガに加えて、食生活も見なおせば早く1ヶ月で便秘解消効果が期待出来るでしょう。何よりも自然な便秘解消なのが嬉しいところ。

ただし、今回紹介したように「人によってはホットヨガを行うことで逆に便秘になってしまう可能性もある」という事は忘れてはいけません。

何だかんだ言ってもLAVAがオススメ!

lava-chyap

何だかんだ言って初めてホットヨガをやる人はLAVAが一番オススメです。

私も親しい友人や目上の方にホットヨガスタジオを紹介するとしたら、「LAVA」と言います。もちろん、「混雑しがち」というデメリットを伝えた上でね!

そのぐらいLAVAは総合的な評価が高いスタジオなんですよ!

サブコンテンツ