授乳中に薄々とバストサイズの変化や形が崩れてきたと感じているママさんは少なくないと思います。

先輩ママさんから聞いてはいたけど、忘れていたり、子供のことでそれどころではなかったり…

断乳を考え始めた頃にやっと自分のバストケアへ少し気を回せるようになるというが大半です。

世間では「崩れたバストや垂れた乳は元には戻らない」と言われていますが、卒乳と同時にバストケアを始めればギリギリセーフ。

中でもナイトブラはバストのキープや横流れに対して相性が良いのでおすすめです。

卒乳後にナイトブラを始めた二人の意見を交えながら、ナイトブラをおすすめする理由と効果を紹介しましょう。

産前と産後の胸は事情が違う!

妊娠する前と後でバストサイズを比べると平均して2サイズほど大きくなると言われています。

理由は母乳をあげるため。

普段より2サイズも大きくなった胸に対して、授乳中につけるブラジャーは締め付けないものがほとんど。

でも、授乳中は締め付けてしまうと乳腺が圧迫されて母乳が詰まってしまうから、緩めのブラジャーが基本です。

しかし、これに慣れてしまってズルズルいくと「おばさんの垂れ乳」が見事に完成します。

それは産前と産後の胸は事情が異なるからです。

産後のバストアップはクーパー靭帯を伸ばしてしまう・・・

産後は母乳を上げるために胸が大きくなり、胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまうんです。

引っ張って支えていた紐が緩むわけですから、胸も同じく垂れてしまうわけです。

急激に胸が大きくなるなり負担が増えてしまい、クーパー靭帯が追いつけないということですね。

また、伸びるだけでなく、切れてしまうパターンもあるんですよ。

授乳後は乳腺が縮こまっていく

授乳中はおっぱいを上げるために乳腺も活発に働いています。

しかし、授乳を終えると、次第に活発だった乳腺が落ち着いていって、やがて乳腺組織そのものが萎縮していくんです。

乳腺自体が萎んでいくのに、バストもつられていき、産前よりも乳頭が下を向いた胸になってしまうんです。

年齢によって乳腺が脂肪へ

出産が直接関わるわけではありませんが、年齢ととも乳腺組織は脂肪へ変化していきます。

乳腺が多い時はそれなりにハリがありますが、ブヨブヨで柔らかい性質の脂肪に変わるとバスト全体がクタ~っとした形になってしまうんです。

参考:出産年齢について | Weeklyリサーチ | ベビカム

最後の出産になるママさんは大体30歳以降になっていくこともあり、出産後・卒乳後にバスト崩れを感じるママさんが増えるというのも大きな理由と言えますね。

卒乳間際・すぐのママにナイトブラをおすすめする理由

それではココからが本題。

なぜ産後のママや卒乳のタイミングでナイトブラの着用をおすすめするか?その理由を紹介します。

ナイトブラでバストの垂れ始めサポートできる

胸を支えているのは何を隠そうクーパー靭帯。

ナイトブラは構造的にクーパー靭帯の負担を軽くしてあげる特徴があります。

よく「スポーツブラのような感じ」と思っている人もいますが、生地や収縮性、構造が全く違うため、バストを持ち上げる力は全然違います。

私もスポーツブラ感覚で初めてナイトブラを購入しましたが、バストのキープ力や持ち上げる力の違いにビックリしました。

中にはスポブラと変わらないような商品もありますが、SNSや口コミでよく見かけるふんわりルームブラヴィアージュなどは着けた瞬間に違いがわかると思います。

導リメイクアップブラはどちらかというとスポブラのような感じでした。

「垂れてしまった胸は元には戻らない」と言われるのは、伸びてしまったクーパー靭帯が回復することはないから。

なので、授乳中しっかり支えることができなかった胸をカバーするためにもナイトブラがおすすめなんです。

卒乳後にだんだん乳腺組織は落ち着いていくので、それと同時期にナイトブラでしっかり支えるというのは良いタイミングなんですよ。

ナイトブラで横へ流れる胸が防げる

卒乳後、日中は通常のブラジャーを付けているママさんがほとんどだと思います。

授乳中ブラに慣れてしまい、基本はカップ付きインナーって人もチラホラ見かけますが…

それだとナイトブラほどではありませんが、ある程度バストの位置や形は保てています。

しかし、寝ているときはどうでしょうか?

タンクトップやカップ付きインナーのみだとバストの脂肪が背中や脇にだらーんと流れてしまいます。

バストの脂肪が流れてしまうと(流れ乳)、ムダなところに脂肪がついてバストが小さくなると言う残念な体系に…

また、胸が横に流れると「おじさんみたいな体型になってしまう」という意見もよく見かけます。

でも、ナイトブラだとバストが元ある位置にしっかりと保たれます。バストの脂肪を崩れずに支えてくれるので無駄なところに流れていかないんです。

ナイトブラを着けて一番感動する瞬間は横になった時だと思います。

立ったままのバストの位置や形をそのままキープした状態で寝転べるんです。

普通のブラと比べても歴然です。

タンクトップやカップ付きインナーだとさらに違いますよ。

バストをギュッと持ち上げてくれるので育乳効果も期待できるのも嬉しいですね。

寝ている間に形のいいバストにしてくれるなんて何だか嬉しいですよね。

寝ている時間って一日の中でもかなりのウエイトを占めているわけですから。

普通のブラではなくナイトブラを選ぶ理由

「わざわざナイトブラを買わなくても普通のブラでもいいんじゃない?」と思う人も多いのではないでしょうか。

ここではこの2つの違いを説明します。

またナイトブラを使うことにより身体に表れるメリットも紹介します。バストのみならず身体全体に嬉しいことがあるんですよ♪

普通のブラとナイトブラはどこが違うの?

普通のブラは下側にワイヤーが入っているものの上の部分はほぼ何もありません。

それは普通のブラは立っているときのみ胸を支える仕組みになっているからです。

私は普通のブラのワイヤーを痛く感じるときがあります。

なので普通のブラはあまり好きではないんですよね。

そのため普通のブラをして寝るとバストが上の部分にだらーんと流れてしまいがちです。

カップ部分がカパカパになってしまうのはそのためです。

普通のブラって結構固めなので寝るとズレたりヨレたりして不快に感じている人も多いと思います。

寝る時はノーブラ派って方もいますが、産後や卒乳後にその週間だとほぼ100%の確率で残念バストになってしまいます。

一方、ナイトブラは身体を横にした時の体勢を基本としてブラジャーの構造が開発され製造されています。

就寝中のバスト全体を優しく支えてくれて、仰向けや横に寝てもバストの形を丸くキレイに固定してくれるため、寝ている時の負担軽減が普通のブラジャーと比べて圧倒的に優れているんです。

しっかりと眠れてお肌ツルツル!肩こり軽減も!

ナイトブラは何もバストの形や垂れ・横流れだけをサポートしている商品ではありません。

仰向け、横向き時のバストをしっかりと支えてくれるおかげで、寝ている間のバストの揺れが少なくなります。

通常のブラを着用してストレスを感じながら、寝ている人よりも遥かに睡眠の質が高くなります。

ナイトブラでブラのストレスなく就寝できるのも嬉しいところ。

ですが、

横になっている状態でも、バストを支えてくれることで肩や首周りへの負担が軽減してくれるのも同じくらい嬉しいメリットです。

豊なバストの方はコリの解消にも繋がりますよ。

バストの重みは何キロもあるわけではありませんが、毎日積み重なることにより肩や首に負担が蓄積されてしまいます。

「寝ている時のブラを変えるだけ」でこのストレスから開放されるなら、大いに価値はあると思いませんか?