春になってブーツに代わるオシャレな靴を探しているママ、多いのではないでしょうか。

  • 昔のようにヒールのある靴をかっこよく履きこなしたい。
  • 低身長をカバーしたいからヒールのある靴を履きたい。
  • ヒールを履いて脚をキレイに見せたい。

いろいろ想いはあるけれど、小さな子供がいる今は毎日スニーカーやスリッポンのようなぺたんこ靴ばかり。

毎日忙しく育児をするママの靴には求められることが多いから、ヒール靴にはしばらくサヨナラしてオシャレを諦めてしまっているママも少なくありません。

では、ママ靴に求められる条件とは、どんなものでしょう?

育児ママ靴の条件

  • 転倒しにくい。
  • 走れる
  • 素早く動ける。
  • 疲れにくい。
  • 脱ぎ履きしやすい。

ヒールにサヨナラしてぺたんこ靴にチェンジしたのは、ほとんどのママが妊娠がわかった頃からだと思います。子供のことを思ってのことだけど、ママだってオシャレはしたいでよね。

そんなママのために、ここではママ靴の条件を満たす「走れるキレイな靴」と、それを使ったコーデを紹介します。

っとその前に、「少し育児中ママとヒールが世間からどんな風に思われているのか」気になったので調べてみたよ。

育児中ママとヒール靴

高いヒール靴だと困る事と危険なシーン

ヒール靴は安定性に欠けるので、ぺたんこ靴より転倒の危険性が高くなります。

赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしているときにバランスを崩して転んだら、赤ちゃんだけでなくママ自身もケガをしてしまう恐れがあります。

赤ちゃんを卒業する年齢になってもベビーカーを嫌がったり、疲れたと抱っこをせがんだり、なかなか抱っこの機会は減らないものです。

また、子供は興味のあるものが目に入ると突然走り出したり、横断歩道を左右確認せずに渡ろうとしたり、ママの手を振りほどいて駆け出すこともあります。

ダメよ!と、咄嗟に子供を追いかけた経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

更に日々の散歩など、子供の歩幅に合わせて長時間歩くこともあります。

抱っこして、追いかけて、たくさん歩いて…ママってかなりの重労働です。

そんな重労働を安定しないヒール靴でこなすのはとても大変なことです。

大変なだけでなく、子供を危険に晒してしまうこともあるのです。

育児ママ×ヒールは世間の風当たりが厳しいめ

高いヒール靴を履きなれている女性からは、ぺたんこ靴のほうが逆に歩きづらいという意見もあります。オシャレはどうしても諦めたくないので、育児中もヒールはやめないという意見もあります。

確かにヒールはスタイルもよく見えるし、オシャレしたい気持ちもわかります。

ですが、世間では厳しい意見が多いです。

世間の目は気にしない!というママもいるかもしれませんが、その世間の目が子供にまで影響が及んでしまうこともあります。

子供が幼稚園くらいまでは親同伴で遊ぶことがほとんどです。

たかがヒールと言えど、それが原因でママ友とうまくいかなくなると、子供までお友達と遊べなくなってしまうこともあるんです。

面倒くさいかもしれませんが、余計なトラブルを避けるためにも、あまりにも高すぎるヒール靴は避けるべきだと思います。

ヒール靴を履く場合は、パパなど同伴者が子供の面倒を手伝ってくれるとき限定にしたほうが無難です。

何センチヒールがボーダーライン?

今まで好んで履いてきた靴にもよるし、何センチヒールならOKとは一概には言えません。

ぺたんこ靴と比べ、ヒール靴はバランスを崩しやすいからです。

いざという時のためにはぺたんこ靴がいちばんなことを前提として、ママでも比較的安全と言えるヒールの高さは、5センチまでです。

この程度の高さなら苦も無く履きこなせることも多いでしょうし、スタイルアップ効果も期待できます。

また、5センチ程度の高さならそれほど目立たないので周りの目も気にならないでしょう。

ですが、ヒール靴を履く場合、考慮してほしいことはヒールの形状です。

育児ママにオススメなのは、太めのヒールやウエッジーソールです。

これ等はヒールが地面に接地する部分が多いので、ピンヒールに比べて格段に安定していて転びにくいです。

また、子供ってちょこまか動き回りますよね。

子供と一緒のときにピンヒールで子供の足を踏んでしまったら…とても恐ろしいです。どうしてもヒールを履きたい人は、いろんな場面を想定してからヒール靴を選ぶべきです。

ペタンコ靴の定番「コンバース」

コンバースを使ったおしゃれコーデ

コンバースはカジュアル過ぎて敬遠しがちな人もいるかもしれませんが、合わせる洋服次第でキレイめ大人カジュアルコーデが簡単にできちゃうんです。

意外と何にでも合うので、ぜひ取り入れて欲しいママ靴です。

・ ・ カーキブルゾン × ギンガムチェック ・ ・ @emmataylor_ny のカーキブルゾンなら、Aラインシルエットが可愛いらしいので、今期流行りのギンガムチェックシャツともしっくり。 ・ ・ outer #stylebar @stylebar.jp #emmataylor tops #studious @studious_official pants #beautyandyouth @beautyandyouth_official bag #sea earring #accommode @accommode shoes #converse @converse_jp ・ ・ #wear更新#ponte_fashion #ギンガムチェック #ギンガムチェックシャツ #ギンガム #ミリタリージャケット #カーキ #白パンツ #白デニム #白スニーカー #白スニーカーコーデ #スニーカーコーデ #スニーカー女子 #スニーカー #コンバース #コンバースオールスター #コンバースコーデ #シャツコーデ #かごバッグ #かごバーキン

A post shared by LUMIE (@lumie0206) on

白のパンツとキレイめシャツと合わせれば、品のある大人カジュアルに。

カジュアルだけでなく、不思議とこんなプリーツスカートを使ったフェミニンスタイルにも合います。

通勤時にスニーカーを履く女性を見たことありませんか?

スーツ姿にコンバースなんていうのも、颯爽としていて素敵ですよ。

コンバースコーデのポイントは、合わせにきちんと感のあるものをひとつ取り入れること。

センタープレスの入ったキレイめパンツと合わせたり、アウターをトレンチコートにすると、きちんと感のある大人のカジュアルテイストができあがります。

どんなタイプのパンツやスカートにも合わせやすいし、運動会や遠足にも使えるから1足持っていると重宝します。

おすすめシリーズは「ローカット」

コンバースの定番と言えば、生誕100年の歴史を誇るオールスター。

定番ですが、これがいちばんオススメです。

カラーもたくさんあるのですが、1足目ならホワイト、ブラックあたりがどんなカラーにも合うので無難です。

季節によって限定カラーも登場するので、コレクションするのも楽しいですね。

オールスターには、ローカットとハイカットの2種類のタイプがあります。

ハイカットも合わせやすく可愛いのですが、ママにはローカットがオススメです。

脱ぎ履きしやすいローカットは、玄関でさっと靴の着脱ができ赤ちゃんを床におろす必要なし。

児童館や小児科クリニックなど靴を脱ぐ機会は意外と多いから、脱ぎ履きしやすいのはポイント高いですよね。

また、ハイカットは合わせるパンツがクロップドやロールアップなど半端丈のものに限られてしまうので、よりファッションの幅が広がるローカットのほうが1足目としてはオススメです。

スニーカーでは出せない味「トラッド靴」

トラッド靴を使った気になるコーデ

レースアップやローファー、タッセルシューズなど、たくさんな種類があるトラッド靴。

最近では「おじ靴」とも呼ばれ、レディース用にアレンジされたオシャレなものがたくさん出ていますね。

きちんと感のあるデザインと疲れにくい厚みのあるソールは、お出かけ用ママ靴に最適です。


白ローファーをジャケットとパンツに合わせれば、きちんとコーデの完成。

フェミニンなバッグで女性らしさも取り入れています。どこから見てもきちんと感が漂う素敵ママです。

・ 2017.4.20 ・ ・ #今日のコーデ じゃなくて 昨日のコーデ ・ 初めての原稿作成に悪戦苦闘💻 引きこもってました 笑 ・ ・ 今日は少し肌寒く感じましたね ・ ・ ・ yoriのペプラムスウェットも もうすぐ着納め ・ 白×ネイビー そしてこのユルっとした感じ 好きな組み合わせ ・ ・ ・ ・ #最近なぜかカメラの画質が悪い😭 ・ tops…#yori_japan bottom…# #gallardagalante watch&bangle…#danielwellington bag…#jandmdavidson shoes…#orientaltraffic #アラフォー #ママコーデ #ママファッション #アラフォーコーデ #きれいめコーデ #カジュアルコーデ #着回しコーデ #大人カジュアル #きれいめカジュアル #お洒落さんと繋がりたい #コーディネート探検隊 #ホワイトだよ全員集合 #ネイビーだよ全員集合 #スナップミー #カーニバル #ponte_fashion #おじ靴コーデ #愛媛 #enonstyle

A post shared by ︎︎⑅yasu⑅ (@ya.s.u.____) on

白のウィングチップタイプのトラッド靴と黒パンツのコーデ。ふわりとしたトップスで女性らしさもプラスしています。

お出かけのときなど、きちんと感を出したいときは足元をトラッド靴に替えるだけでOK。

ブルーデニムに白のローファーやレースアップを合わせれば大人カジュアル仕様に、フェミニンスカートに合わせれば甘過ぎを抑えて大人の洗練さが増します。

春には白のローファーが1足あるだけでも、幾通りもの着こなしができるはずです。

トラッド靴のオススメブランド

HARUT公式|Instagram

創業100年を誇る日本ブランドのハルタ(HARUTA)。

中高校生のときに、ハルタのトラッド靴を履いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ハルタのメインターゲットは学生ですが、扱っている靴は子供から大人までと幅広いんです。

カラーも学生靴イメージの黒やブラウンだけでなく、赤や黄色、春らしいビタミンカラーなどバリエーションが豊富です。デザインもクラシカルなものから今風のものまであるので、どなたの好みにも合うはずです。

学生靴を製作しているメーカーですから、たくさん歩いても疲れにくく、そのうえ丈夫。

日本人が日本人のために日本で丁寧に製作されたハルタのトラッド靴は、ママ靴としても大活躍間違いなしです。また、日本製なのに価格がリーズナブルなのもオススメな理由のひとつです。

一度履いたら手放せない「甲深フラットシューズ」

甲深フラットシューズを使ったコーデ

足をしっかりとホールドする甲深フラットシューズはたくさん歩いても疲れにくく、急に走り出すわんぱくなお子様を追いかけるのも容易いのでママにオススメのシューズです。

また、脱ぎ履きしやすいけれど甲が深いから脱げにくく、忙しいママにも最適です。便利で楽ちんなだけでなく、大人な着こなしにも一役買ってくれます。

オーガンジースカートと甲深フラットシューズのコーデ。スカートではなくパンツが透けて見えるオーガンシースカートを合わせたことで、ヒール靴でなくても大人な雰囲気になっています。

ミリタリーシャツワンピースにフェミニンタイプの甲深フラットシューズで甘さをプラス。カジュアルになりがちなミリタリーワンピが、大人の女性らしい着こなしになりました。

甲深フラットシューズは甲が深い分、バレエシューズよりも甘過ぎず大人な女性にぴったりです。

細身パンツやワイドパンツ、スカートなど合わせる服を選ばないのでコーデの幅が広がります。

甲深フラットシューズのオススメブランド

ビューティフルシューズ(BEAUTIFUL SHOES)は、2010年に設立された日本の新しいブランドです。女性の足をより美しく見せるために計算されたデザインが特徴です。

定番のバレエシューズをモチーフにした「BALLETSHOES」は、口周りにゴムが入っていて絶妙なフィット感です。

”BALLETSHOES” #beautiful_shoes_official #toshinosuketakegahara #galleryofauthentic

A post shared by BEAUTIFUL SHOES (@beautiful_shoes_official) on

靴の裏側にはシープレザー、インソールには低反発クッションを使用しているので、疲れにくくストレスフリーで履けるママにやさしいシューズです。

定番カラーは黒ですが、季節によりホワイトやパイソンゴールド、冬には裏地にボアを使用したタイプなども登場します。


カジュアル派にもエレガント派にも使える、大人の女性ためのフラットシューズです。

おしゃれママ靴の定番「バレエシューズ」

バレエシューズのコーデとポイント

楽ちんシューズとして定番のバレエシューズですが、ぺたんこな形状から少し子供っぽく見えてしまいがちです。

ですが洋服との合わせ方次第では、大人のきちんとスタイルに変身しちゃいます。楽ちんだし、お出かけや保護者会などでも使えるシューズです。

バレエシューズとサロペットを合わせたコーデ。子供っぽくなりがちなサロペットにバレエシューズを合わせるとフェミニンな装いに。個性的な黒白チェックのバレエシューズ
が、シンプルになりがちな無地スタイルに遊び心をプラスしてくれています。

トレンチコートと黒パンツの足元にバレエシューズを持ってくると、甘めテイストが加わって大人可愛らしさが出てきます。

最近のバレエシューズは、材質もカラーもバリエーションが豊かになり選択肢が増えました。

なりたい自分のイメージに合わせて選んでみるのも楽しいですね。

バレエシューズのオススメブランド

バレリーナシューズ | Repetto(レペット)

フランスのバレエシューズ&バレエウエアメーカーの老舗レペット(Reppet)は、日本のバレエシューズブームの火付け役とも言われています。

赤のエナメルバレエシューズは、たくさんのメーカーから「レペット風」として類似したものが販売されるほどです。

レペットはダンス用の靴を製作していたくらいですから、履きやすさにも定評ががあり、その履き心地は「足に手袋をはめているよう」と表わされるくらい。

ルームシューズ感覚で履ける、ストレスフリーなバレエシューズはママ靴として最適。オススメします。

また、機能性だけでなくカラーバリエーションも豊富。フランスならではの鮮やかカラーが楽しいです。

最近ではファストファッションもバレエシューズに力を入れていて、その履きやすさや可愛さはSNSでも話題になるほど。

プチプラなので何足も揃えたくなっちゃいます。

5センチ以下ローヒール

春向きスエードローヒールを使ったコーデ

ぺたんこ靴でもキレイめコーデできるのはわかったけど、やっぱり時にはヒールを履きたい。

5センチ以下の低めヒールでも、明るめカラーのスエードヒールをチョイスすれば一気にオシャレ度アップ。

ピンクや水色、イエローなど、スモーキーカラーからビビッドカラーまで選択肢はたくさんあります。

柔らかなイメージのスエードは女性らしさを演出するのにも一役買ってくれます。

先程一度誤投稿してしまい削除しました。いいね、くださった方すみませんでしたm(._.)m 今日も#ピンク と#グレー の#春コーデ #骨格ストレートタイプ がスタイルアップして見えるIラインコーデで 【#カットソー 】#ガリャルダガランテ 【#パンツ 】#ユニクロ 【#パンプス 】#セブントゥエルブサーティー 【#フードコート 】#ユナイテッドアローズ 【#バッグ 】#ゴヤール #クローゼットオーガナイザー #骨格スタイルアドバイザー #ライフオーガナイザー #骨格スタイル協会 #骨格スタイル分析 #骨格ストレート #ユニクロコーデ #スマートスタイルアンクルパンツ #スエードパンプス #ピンクコーデ #大人カジュアル #シンプルコーデ #アラフォー主婦 #アラフォーママ #アラフォーコーデ #40代ファッション #40代コーデ

A post shared by ko.style (@b.organize) on


落ち着いたピンクが大人っぽいです。スモーキーピンクのローヒールを足元に持ってくることで暗くなり過ぎずに落ち着いた雰囲気に仕上がっています。楽ちんだけどきちんと感が加わって春っぽい大人カジュアルに。

ブルーデニムも鮮やかなピンクのスエードローヒールと合わせると、色っぽい大人な雰囲気になりますね。

普段のさり気ない服装に明るめカラーのローヒールをプラスしただけで、イメージがぐっと変わります。

安全性を考慮してできるだけピンヒールは避け、太めヒールかウエッジソールをおススメします。

ローヒールのオススメは「オデットエオディール」

パンプス|Odette e Odile

ユナイテッドアローズ提案のオデットエオディール(Odette e Odile)は、オリジナルからセレクトまで扱うシューズブランドです。

バレエ「白鳥の湖」からインスパイアされたブランドと言うだけあって、そこかしこに洗練されたフレンチテイストが垣間見えます。

オデットエオディールの定番パンプスのヒールの高さは2センチ。

低めだけど、ポインテッドトゥのデザインがレッグラインをすっきり美脚に魅せてくれてます。

ウエッジソールだからピンヒールよりも安定しているし、たくさん歩いても疲れにくいので営業職の女性などにも人気があります。

カラーはどんな洋服にも合わせやすいナチュラルから、ピンクやロイヤルブルーなどの春カラーまで全部で9色。

価格もリーズナブルなので、トライしやすいのも魅力です。

ママのお出かけにぴったりの走れるキレイな靴です。