梅雨から夏にかけて、ジメジメとした暑さが続き、気分も憂鬱になりがちですね。この時期に気になることと言えば、「汗」。

ベタっとした気持ち悪さがあるだけでなく、臭いが気になっている人も多いと思います。

中でも、子供を出産してから汗の臭いが気になり始めたり、汗の量が増えたと感じている人も多いのではないでしょうか?

子育てや家事が忙しいのに、汗の臭いまで気になっていたら、それがストレスにもつながってしまいますよね。

経験を元にして本当に産後の汗が増えたり臭くなったりしてしまうのかを調査し、汗対策とおすすめのアイテムを紹介していきます。

これからの季節を快適に過ごせるように、ぜひチェックしてみて下さいね。

汗の種類と、汗が臭くなる理由

汗を出しているのは「汗腺」という大切な器官。

その汗腺にも種類があり、それぞれの汗には特徴や違いがあります。まずは、汗の種類と臭いの原因をチェックしていきましょう。

私自身、暑い時にかく汗の臭いも気になりますが、それ以上に、緊張した時などにかく汗の臭いが気になってしまいます。実はこれも汗の種類の違いなんです。

周りにいる人に「汗臭い」と思われていないだろうかと考えると、不思議と汗の量が増えてしまうという経験がある人もいるのではないでしょうか。

汗を出す2つの汗腺

汗を出す汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。それぞれの汗腺の特徴と、汗の違いについて見ていきましょう。

エクリン腺

  • 全身の皮膚表面にある汗腺
  • 誰にでもほぼ平等にある汗腺
  • 暑い時には体温調節をするために発汗する
  • 辛いものを食べた時にも発汗する
  • 無味無臭、無色透明

アポクリン腺

  • 体の限られた部位に集中して存在する汗腺(脇の下、乳首、下腹部など)
  • 人によって存在する数が異なる汗腺
  • ストレス、緊張、驚いた時など、精神的な刺激で発汗する
  • タンパク質や脂質など、臭いの元となる成分を含む汗が出る
  • ほぼ無臭
  • 乳白色をしている

エクリン腺とアポクリン腺から出る汗には、これらの特徴や違いがあります。もう少し詳しくチェックしていきましょう。

そもそも汗そのものは臭くない

先ほどの2種類の汗腺から出る汗の違いを見てみても、汗そのものは無臭、もしくはほぼ無臭なんです。確かに、汗をかいた直後には、あまり汗臭いと感じない気がしますね。

全身から同じように汗をかくわけではなく、汗をかきやすい部分とそうでない部分がありますよね。

同じように、汗の臭いが気になる部分も、頭皮や脇の下、足などの特定の部分だという人が多いと思います。

では、汗そのものはほぼ無臭のはずなのに、なぜ汗臭いと感じるのでしょうか。

頭皮や足に汗をかくと、普通に「汗臭い」と感じることが多いですが、脇の下など、アポクリン腺が集中している部分に関しては、独特な臭いを感じることもあるでしょう。

汗のニオイの正体は細菌

無臭、もしくはほぼ無臭であるはずの汗が臭いと感じるのは、「細菌」が原因。

汗をかいた後に、汗の成分や皮膚の汚れなどが細菌によって分解された時に「汗の臭い」が発生します。

臭いの元となる脂質やタンパク質を含むアポクリン腺から出る汗に比べ、エクリン腺から出る汗には、臭いの元となる成分はほとんど含まれていません。

しかし、皮脂やアカなどが細菌によって分解されるため、時間が経つと汗臭いと感じることになります。

「臭い」は見える時代

参考:花王 | 微量のにおい成分を可視化するScentEYE(セントアイ)技術を開発

微量でもにおい成分の存在する状況を把握できる「セントアイ」という技術を花王が開発していて、今や臭いは見える時代なんですよ。

ちなみに、アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質が細菌によって分解された時、独特な臭いが発生します。それが「ワキガ」と呼ばれる状態です。

アポクリン腺が多い人ほど、ワキガの可能性が高くなるのはこのためです。

産後の汗と汗トラブル対策

産後に汗の量が増えたと感じたり、汗の臭いが気になり始めたという人が多いのも事実です。

私が子供を出産したのは真冬のことでしたが、真冬にも関わらず、汗をかいていた記憶があります。

当時は子供のことで手一杯で、汗のことまで気にする余裕がありませんでしたが、今思えばありえない光景だったのかもしれません。

今現在、産後の汗トラブルに悩まされている人は、せっかくの楽しい子育てのはずが、暗い気持ちになってしまっているかもしれません。

産後に汗の量が増える、汗の臭いがキツくなる理由をチェックして、汗対策をしていきましょう。

産後って汗の量が増えるものなの?

産後の汗の量に大きく影響しているのが女性ホルモン。

妊娠中から産後にかけては、女性ホルモンの分泌量が変動します。汗を抑える働きもある女性ホルモンの量が減ることで、産後の汗の量が増えていると考えられます。

特に、妊娠中に通常の数百倍ほどまで増えた女性ホルモンが、出産をすることで急激に減少し、出産直後は汗をかきやすくなります。

ホルモンバランスの波が滝のような汗を押し寄せているんだね~。

また、出産からしばらく経っていたとしても、子育てが中心のママは生活リズムも不規則になり、女性ホルモンのバランスも安定しづらい状態です。その間はやはり、汗をかきやすいかもしれませんね。

また、汗をきかやすいのは女性ホルモンの影響だけではありません。

子育てに家事に忙しく、これまで以上に体を動かさなくてはならないことも影響しているでしょう。

出産を終えると汗の匂いって臭くなるの?

汗の量が増えただけでなく、臭いが気になってしまうママも多いと思います。

ホルモンバランスや生活リズムの乱れなどで、産後は特に、蒸発しづらいベタっとした汗をかきやすくなります。

この汗には、臭いの元となる成分が多く含まれるため、臭いがキツくなったと感じてしまいます。

中でも、産後のママの汗トラブルで多いのが脇汗の臭いです。

授乳によって、乳腺が脇の下のアポクリン腺を刺激して、アポクリン腺が発達してしまうことで、臭いの元となる成分が含まれる汗をかきやすくなってしまうことが原因だと考えられますね。

また、子供との生活の中で、ゆったりとした入浴が出来なかったり、洗髪も十分に出来ていなかったりすると、余計に汗の臭いが気になってしまうということもあるでしょう。

汗臭さを抑えるための8つのポイント

子育てや家事で忙しいと思いますが、まずは手軽に出来ることから実践していくことをおすすめします。

ポイント

  • ストレスを溜め込まないようにする。
  • 規則正しい生活(産後は難しいと思いますが・・・。)
  • 好きなものに偏らず、野菜中心の食生活にする。
  • 汗脇パットを使う。
  • こまめに汗を拭き取る。
  • 洗髪をする際は、すすぎをしっかりとする。
  • 通気性の良いインナーを着用する。
  • 半身浴などで汗腺を鍛える。(サラっとした汗をかきやすくするため)

この中でも特に、汗脇パットを使うことは手軽でおすすめです。

合わせて、こまめに汗を拭き取るようにすることで、汗が衣類に染み込むことを阻止出来ます。

衣類に汗が染み込まなければ細菌が繁殖しづらくなり、汗の臭いを軽減出来るでしょう。

産後の汗トラブルにおすすめしたい3つのアイテム

産後に汗の量が増えてしまうのは、仕方のないことなのかもしれません。しかし、汗の臭いだけでもどうにかしたいですよね。

先ほどの8つのポイントと合わせておすすめしたいアイテムを3つご紹介していきますね。

特に汗の臭いが気になる、脇、頭皮、足の汗対策におすすめのアイテムです。

おすすめアイテムを実際に使っている人のSNSでの投稿も合わせてご紹介します。口コミや使い心地など、リアルな感想をチェックして、汗トラブル知らずの快適な季節にしちゃいましょう!

汗が気になる全ての部分に使える「サラフェプラス」

まずは、脇汗対策におすすめアイテムです。

脇汗はもちろん、汗が気になる全ての部分に使えるのが「サラフェプラス」です。

#サラフェプラス #制汗 #ジェル #サラフェ 白いチューブで、キャップが水色で、清潔感があります。 ロゴが筆記体で、とってもおしゃれです♪ 30gで、約1ヵ月ももつので、コスパがいいです。 香りは、ふわっと優しい香りです。 爽やかで、清潔感のある香りがします! 気持ちがすっきりして、癒される香りです。 白色のジェルタイプです。 ぷるん♪としていて、お肌の上をスルスル~と伸びます。 みずみずしい使い心地です。 サッと塗るだけです! 圧迫感がない、軽めの使い心地です。 伸びがとってもいいです。 べたつきもありません! 塗って乾くと、しっとり★ サラサラな感触で、メーク下地にも使えます。 顔や汗の気になる箇所を塗るだけで、有効成分が汗を抑えてくれます。 公園にお出かけして、動き回っている娘を追いかけても、メークが崩れませんでした。 1日中、サラサラなお肌をキープしてくれました! 毛穴がキュッと引き締まってくれているのも、気に入っています(^^)/ 保湿美白効果もあって、お肌の乾燥を感じませんでした。 春夏にも重宝してくれそうです♪

ゆりさん(@yuririyu200)がシェアした投稿 –

サラフェプラスは、美容成分配合でクリームタイプで、塗った後はベタつくこともなく、サラッとした使い心地。

汗の出口を小さくし、汗を抑える効果を発揮してくれます。まるで、皮膚に膜が張ったかのようだという口コミが多かったですね。

優しい香りで、子供と一緒にいても気にならないのが嬉しいですね。何より、汗が気になる全ての部分に使えるというのも、汗トラブルを抱えるママにとっては重宝するポイントではないでしょうか。汗をかきやすい顔に塗れば、化粧崩れも防いでくれます。

首周りなども汗を抑えられれば、1日中サラっとした状態で快適に過ごせそうですね。

頭皮の臭いや汗に「STEPHEN KNOLL」のドライシャンプー

続いて頭皮の汗対策にピッタリなアイテム。

もう梅雨のペタンコ髪には悩まない! #ドライシャンプー でいつでもふんわりヘアへ🌷 . 植物由来のパウダー🌱が余分な皮脂を吸着しベタつきを瞬時にリセット!根元からふんわりサラサラヘアに仕上げます✨ 持ち運びにも便利なサイズなので、外出先のお直しにもピッタリ♩ . . #スティーブンノル #スティーブンノルニューヨーク #stephenknoll #stephenknollnewyork #skny #ヘア #ヘアケア #haircare #ヘアスタイル #ヘアースタイル #hairstyle #ヘアアレンジ #スティーブンノルドライシャンプー #DRYSHAMPOO #シャンプー #shampoo #ヘアスプレー #スタイリング剤 #スタイリング #ノンシリコーン #地肌ケア #頭皮ケア #サルフェートフリー #ボリュームアップ #サロン品質 #プロ仕様 #ホームケア #サロンケア

スティーブンノル ニューヨーク / SKNYさん(@stephenknoll_official)がシェアした投稿 –

「STEPHEN KNOLL」はスプレータイプのドライシャンプー。天然由来のサラサラパウダー配合で、余分な皮脂や汗を吸着してくれるのが特徴です。

インスタでも紹介している人が多く、使い心地が良いと評判ですよ。

これからの季節、ただでさえベタついてしまいがちな髪の毛を、根元からサラサラ&ふわっと仕上げてくれる心強いアイテムです。ジェルなどと違い、スプレーするだけで手軽なので、忙しいママにもおすすめですね。

また、持ち運ぶのにも邪魔にならないサイズなので、アウトドアやお出かけの時にも、サッとスプレー出来るのが嬉しいですね。こまめに洗髪出来ない時や、体調が悪い時も、これさえあれば頭皮の不快感が軽減されるでしょう。

足の汗や臭いに重宝する「エージーデオ24 フットスプレー無香料」

3つ目は足の汗や臭いに重宝するアイテム。

👣👣👣 【ちょっと番外編】 皆さんGW楽しんでますか☺💓✨ パンプスやサンダルの季節になってきましたねー☀ コスメではないですけど、フットスプレーで私が愛してやまないコがいるので紹介❣ . . . #AGDEO24 #エージーデオ24 #フットスプレー 気になる👣ニオイだけじゃなく、ムレにも対応してます🥊✨ パンストの上からスプレーしても白くならないし、その効能もほんと優秀なコです👏 社会人のエチケットとしても、必需品なフットアイテム✨ ああ、世の男性にも使って欲しい。。。特に男性、夏はニオイケアしてくださいーーー!! #コスメ #コスメマニア #番外編 #フットスプレー #shiseido #資生堂 #AG #夏 #サラサラ #サンダル #パンプス #必需品 #女子力 #ニオイケア #コスメ好きさんと繋がりたい

@ yuuu__cosmeがシェアした投稿 –

フットスプレーで気になるのが、微香料のものだと足の臭いと混ざって、さらに臭くなってしまうといった問題点。

その点、エージーデオは無香料なので、その心配がありませんね。

銀イオンのサラサラパウダー入りで使い心地も良いと評判です。

また、パウダー入りの他のスプレーで、スプレー後に足やストッキングが白くなってしまったという人もいますが、エージーデオは白くなることもありません。快適な使い心地に満足している人が多いようです。

お出かけから帰ってすぐに玄関でスプレーしたり、エージーデオを持ち歩いていれば、出先でも、靴を脱いだらサッとスプレー出来るので、クリームタイプなどのものよりも使いやすいと思います。

産後も汗を気にせず過ごす方法まとめ

前半でお伝えしましたが、汗は基本的にほぼ無臭。汗が臭いと感じるのは、放置した汗に細菌が繁殖してしまうからです。

あまりにも汗に敏感になってしまうと、それだけで、必要以上の汗が出てきてしまうこともあるんです。

まずは体を清潔に保ち、汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。

頭皮や足など、すぐに拭き取るのが難しい部分には、上手にアイテムを組み合わせて使ってみて下さいね。汗ジミが気になる脇には、脇パットを入れるのもおすすめです。

汗トラブルはデリケートなものなので、どうしても一人で抱え込んでしまいがちです。再度お伝えしますが、汗は臭いものではありません。

産後しばらく経つと女性ホルモンのバランスが落ち着き、汗の量も元に戻ることがほとんどです。しっかりと汗対策をすれば、気になる汗の臭いも軽減されることでしょう。